23:53 2020年09月28日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

1週間差でペテルブルクに到着した2人が急性呼吸器ウイルス感染を疑われた。RIAノーボスチ通信が州副知事のアンナ・ミチャニナ氏を引用して報じた。

2人のうち1人は中国出身で、もう1人はロシア人。ボトキン病院に入院となった。

ロシア保健・社会開発省は、患者の検査は数日を要すると説明した。

この間、中国では新型コロナウイルスによる肺炎が広がり、最新の情報では死者が17人にのぼっている。

ウイルスはすでに中国以外にも広がり、感染のケースは韓国や日本、米国、タイでも確認され、感染が疑われる症例もシンガポールや香港、オーストラリアで報告がされている。

 「スプートニク」は新型コロナウイルスに関する最新のニュースをお届けしていきます。こちらからお読みください。

関連記事

ロシア保健・社会開発省:新型コロナウイルス-ロシア市民にとって生物学的脅威

タグ
ロシア, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント