08:19 2021年01月24日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 29
でフォローする

6日(日本時間7日)、米大統領選の公式集計を行う連邦議会の建物内にトランプ大統領の支持者が侵入した。これを受けて議事堂は閉鎖された。米メディアが報じた。

連邦議会では6日、上下両院合同本会議が開かれ、昨年11月の米大統領選の公式集計が行われていた。米ワシントンでは同日、トランプ米大統領を支持する集会が開催された。支持者数千人が集まり、その一部が警備を破り建物内に侵入した。

報道によると、混乱で女性が胸を撃たれて死亡した。負傷者も出ており、うち1人が重体。首都ワシントンの州兵全体が配備されたという。

​首都ワシントンのバウザー市長は混乱の発生を受け、同日午後6時(日本時間7日午前8時)からの夜間外出禁止令を発出した。

​トランプ氏は自身のツイッターに動画を投稿し、「盗まれた選挙だった。私たちの地滑り的勝利だった」としたうえで、「平和でなければならない。家に帰ろう。愛している」と支持者らに呼びかけた。

これより前、ワシントン州連邦地方裁判所は国内の極右勢力として知られる「プラウド・ボーイズ」の指導者に対し、首都への移動を制限する決定を下したと伝えられていた。


米大統領選挙は11月3日に行われた。12月4日、選挙人団は投票結果を確定し、これにより、ジョー・バイデン候補は正式に次期米大統領に選出された。トランプ氏は敗北を認めず、一連の州での票の集計作業に不正があったとして裁判に訴えたものの、トランプ氏の法律家らの試みは成功せず、最高裁判所もこの訴えを取り下げた。

次期大統領の就任式は年明けの1月20日に行われる。

関連記事

タグ
大統領選挙, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント