19:33 2019年05月25日
イージスシステム

日本、米国と「イージスアショア」の2基分の契約を結ぶ

CC BY 2.0 / U.S. Missile Defense Agency / Aegis Ashore
日本
短縮 URL
249

日本の防衛省は26日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、米政府と「本体2基分の一部を取得する契約を結んだ」と発表した。産経新聞が報じた。報道によると、価格は約1400億円。

スプートニク日本

「イージス・アショア」は、山口県と秋田県に配備される見込み。

日本政府によると、「イージス・アショア」は日本全体を弾道ミサイルから守ることができる。

「イージス・アショア」は、先に防衛省が発表した通り、2023年までに配備される見通し。

関連ニュース

米国、迎撃ミサイルSM3を日本に11億5000万ドルで売却することを承認

日本のイージス・アショア配備 河野外相「INFに違反しない」と断言

タグ
日米関係, 軍事, 核兵器, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント