10:33 2020年05月31日
日本
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (206)
133
でフォローする

日本は7月1日、自国の領海で商業捕鯨を再開する。7日、日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

日本は昨年末、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明、6月30日に脱退の効力が生じることから、商業捕鯨の再開が可能となる。

報道によると、商業捕鯨は日本の領海と排他的経済水域に限定され、南極海での調査捕鯨は取りやめる。

日本政府は昨年末、IWCからの脱退を表明、科学的に確立された複数の種類のクジラの頭数は、来夏からの商業捕鯨の再開を可能としていると強調した。また日本当局は、引き続き複数の委員会のオブザーバーとして残る意向を示した。

2014年、オランダのハーグに本部を置く国際司法裁判所は、日本の調査捕鯨について、科学的研究のためではなく商業捕鯨だとして、日本に対し調査捕鯨の中止を命じた。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (206)
タグ
捕鯨問題, クジラ, 環境, 動物, 日本, 自然
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント