14:32 2021年09月18日
日本
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の西村康稔経済再生担当相は12日のテレビ番組で、新型コロナウイルス対策に伴う緊急事態宣言を9月30日で解除できるように全力をつくすと述べた。NHKが伝えている。

番組で西村氏は、9月中には連休と祝日があるが、全国各地の医療体制は依然として厳しい状況にあることから、県をまたぐ移動は控えてほしいと国民に求めた。その上で、各地の医療体制を強化すべく、厚生労働省が臨時の医療施設や、軽症から中等症向けの酸素ステーションの整備を支援すると明らかにし、これらの体制を整えることで、30日に宣言を解除できるようにしたいと語った

東京新聞によると、日本政府は、希望する全ての国民がワクチン接種を完了する11月頃に、感染予防対策に伴う行動制限を緩和し、社会の経済活動を再開する方針を示している。この点について西村氏は、制限解除をどのように行っていくか議論を重ね、導入できるよう準備を進めていくと述べた。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント