2012.02.20 , 21:09

2014年 再び氷河期が訪れる?

2014年 再び氷河期が訪れる?

   ロシアの学者らが行った予測では、温暖化の代わりに、地球では近いうちに新しい氷河期が始まる可能性があり、それは2055年にピークを迎え、2世紀以上続くという。

   「ネヴァ24」が伝えたところによれば、そのような予測を行ったのは、ロシア科学アカデミープルコヴォ天文台宇宙研究部長のハビブッロ・アブドゥサマトフ氏。アブドゥサマトフ氏によれば、地球は1990年以降連続して冷却化しており、その原因は太陽エネルギーが減少しているためだという。

   「現在、地球はまだ冷め切っていないため、それはあまり顕著ではないが、たとえば家の暖房と同じで、止めたすぐには部屋は寒くならない。地球上でその影響が感じられるようになるためには15年から20年かかる。地球上での気温低下は2014年ごろに感じられるようになるだろう。」と述べている。

  •  
    シェアする