2012.04. 8 , 16:20

ナイジェリア 教会爆発で少なくとも20名死亡

ナイジェリア 教会爆発で少なくとも20名死亡

カトリックの復活祭である8日、イスラム教徒が多いナイジェリア北部の町カドゥナにある教会で二度の爆発があり、少なくとも20名が死亡した。AFP通信が独自の情報筋として伝えたところによれば、爆発は近くに止めてあった2台の自動車で発生したという。

最近、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」は、キリスト教教会の近くで一連のテロ事件を起こしており、クリスマス前日にも事件を起こしていた。また、ナイジェリアの首都アブジェでは、40名以上が死亡する事件も起こしている。

テロリストらは北部におけるシャリアートの厳格な実施を目指しており、キリスト教徒らの追放を企てている。

  •  
    シェアする