2012.05.30 , 14:21

米マイクロソフト 韓国軍にソフト使用料の支払い求める

米マイクロソフト 韓国軍にソフト使用料の支払い求める

   米マイクロソフトが韓国軍にソフト使用料の支払いを求め、国防部が交渉に乗り出した。

   国防部によると、同社は韓国軍のソフト使用料を2100億ウォン(約141億円)と見積もっており、これに対する協議を文書で求めたという。双方は現在、正確な使用料を協議している。 

   同部関係者は、陸海空軍が使用している正規のマイクロソフト・オフィス製品の数量を確認するとし、違法なソフトを使用していることが明らかになれば、適切な使用料を払うことになるだろうと話した。

    マイクロソフトは、軍が使用する21万台のパソコンが全て自社のウィンドウズサーバーに接続していることから、天文学的な使用料の支払いを求めているとされる。これに対し、国防部側は「軍のパソコンは他社のサーバーにも接続されている。マイクロソフトが過度な要求をしてくるなら、サーバーを変えざるを得ない」としている。

   yonhapnews.co.krサイトより 

  •  
    シェアする