2013.03.18 , 11:01

アエロフロート 創設90周年を迎える

アエロフロート 創設90周年を迎える

   17日、ロシア最大の航空会社「アエロフロート」の前身となった「ドブロリェート(ロシア自主航空隊合資会社)」が設立されてから90周年を迎えた。

 90周年に当たって「アエロフロート」は乗客達に、ミシュランの高い評価を得たフランス及びスウェーデンの一流のコック長が用意した特別機内食をサービスした。メニューは、ノルウェーサーモン盛合せ、ほろほろ鳥のマリネ、混合野菜とパセリソース和え、家庭風パンケーキと極めて洗練されたもの。

 1950年代「アエロフロート」は、世界で初めて、ジェット機ツポレフ104型による旅客飛行を開始、1990年代まで「アエロフロート」には、国内線において競合する航空会社はなかった。2000年6月、現在の会社が「アエロフロート」の名前を受け継いだ。同社の株の51%は国が所有している。

 「アエロフロート」は今もロシアの民間航空会社のリーダーであり、世界を代表する航空会社の一つである。

イタル・タス

  •  
    シェアする