2013.04.22 , 04:04

ビデオ 死ぬほど危険なトリック飛行 一日100万クリック

ビデオ 死ぬほど危険なトリック飛行 一日100万クリック

世界でも有名なジャンパーの一人、アレクサンダー・ポリーは、危険なトリックに挑戦することを決めた。バットマンのような飛行スーツに身を包んだポリーは、山間部にある穴を通過することにしたのだ。これは数十センチのずれがそのまま死につながるようなもので、いままでに前例のないトリックだ。

   アレクサンダーはヘリコプタから飛び降り、時速250キロの速さで岩の裂け目を通過した。ポリーはこの前に、非常に小さい目標を通過するための試験を飛行を何度か行った。今回の飛行はスペインで行われ、長い間このことを夢見ていたという。

   ポリーはバットマンスーツを使うスポーツマンのなかでも最も有名な一人で、2012年11月、初めて目標に正確に到達できるジャンパーとなっていた。

  

   RBK(ロスビジネスコンサルティング)

  •  
    シェアする