2013.05. 7 , 11:09

米国、ティラノサウルスの骨格をモンゴルに返還

米国、ティラノサウルスの骨格をモンゴルに返還

   米国からモンゴルに、密輸された「タルボサウルス」(ティラノサウルス科)の骨格が返却される。ニューヨークの地区検察が発表した。

   骨格は古代生物の姿をほぼ完全に留めており、ここ10年の間に市場に出たものの中で最も貴重なものであるという。

   1946年、ソビエト・モンゴル共同調査隊がゴビ砂漠で発見した。2012年、米NYのオークションHeritage Auctionに出品され、100万ドル超で落札されたが、国際犯罪組織による密輸品であることが発覚、差し押さえられた。首謀者と見られるフロリダ州民エリック・プロコピ氏の自宅を捜索したところ、タルボサウルスの骨格がもう一組、さらにサウロロフス(カモノハシ恐竜)、オヴィラプトル(通称「卵泥棒」)の骨格が発見された。すべて600~700万年前に棲息していた恐竜だ。いずれもモンゴルおよび中国から密輸入されていた。

リア・ノーボスチ

  •  
    シェアする