2013.06.27 , 11:11

ペテルブルグでIAEA国際会議はじまる

ペテルブルグでIAEA国際会議はじまる

   IAEAの国際会議「21世紀の原子力エネルギー」がサンクトペテルブルグで始まった。

   エリツィン記念大統領図書館で開会式典が催され、ドミートリイ・ロゴジン副首相、国営原子力企業「ロスアトム」のセルゲイ・キリエンコ社長、IAEAの天野之弥事務局長など、600人が参加した。

   IAEAは4年に一度、世界80ヶ国の参加のもと、エネルギー担当大臣やエネルギー企業社長クラスの国際会議を開催しており、今回は3回目(第1回はパリ、第2回は北京)。

   イタル・タス

  •  
    シェアする