2013.09.11 , 10:44

オバマ大統領:米国はロシアの提案を受け、シリア化学兵器の国際管理に取り組む

オバマ大統領:米国はロシアの提案を受け、シリア化学兵器の国際管理に取り組む

米国のオバマ大統領は10日夕方、主要テレビ放送各局が生中継したTV演説で、シリアの化学兵器を国際管理下に置くというロシアの提案を米国が支持する旨を表明した。ロシアを始めとする国連安保理諸国との協議を継続していく、とオバマ大統領。

先に発表されていた通り、米国のケリー国務長官とロシアのラヴロフ外相は12日にジュネーヴで会談する。また、オバマ大統領は議会に対し、シリア武力制裁措置への投票を延期するよう呼びかけている。

しかし一方、米国は、シリア政権に圧力をかけることをやめず、また武力の使用という可能性も排除していない。ロシアの求めによって、国連安保理の緊急集会が、10日に開かれることになっていた。しかし、これも無期限延期されている。

イタル・タス

  •  
    シェアする