2013.10.14 , 16:56

福島第1原発での4時間労働は死刑宣告に等しい

福島第1原発での4時間労働は死刑宣告に等しい

    ロシアの専門家らは、福島第1原発の問題を処理するとした東京電力の約束を信じていない。

    例えば、核物理及び核エネルギー学の専門家であるイーゴリ・オストレツォフ氏は「海洋への汚染水漏れは決して止まらない」と予測し「日本一国では状況に対処できないため、国際社会全体の枠内で非常事態を宣言すべきだ」と提案している。

    又ロシア自然科学アカデミーのウラジーミル・クズネツォフ教授は「台風が汚染水の流出を食い止めているダム(堰)を駄目にし、たまっている汚染水が海に漏れるのではないか」と懸念している。

    福島第1岸発での作業は、4時間働くと致死量の放射線を浴びる計算となり健康上高い確立でリスクをもたらすことから、現地の状況は困難かつ複雑なものとなっている。

    VOR

  •  
    シェアする