2013.10.20 , 17:40

ロスコスモスとロシア科学アカデミー 小惑星対策プログラム作成へ

ロスコスモスとロシア科学アカデミー 小惑星対策プログラム作成へ

   ロシア連邦宇宙庁とロシア科学アカデミーは、共同で小惑星対策プログラムを作成する。ロスコスモスのオスタペンコ長官が明らかにした。

 ロシアのロゴジン副首相は、クリミアの天文学者たちによって発見された400メートル級の小惑星が、2032年に地球に衝突する恐れがあることについて、この問題の解決が、ロシア宇宙飛行学の至上目標であると述べた。オスタペンコ長官はこれについて記者団に対し、現実的観点からみて解決が可能であれは、いかなる課題も拒否することはないとの考えを表した。リア・ノーヴォスチが伝えた。

  長官は、「これは私にとって非常に興味深い課題だ。このような課題を選択する必要がある。これは、小惑星に関する作業になるかもしれない。そのためには我々に何ができるか、また何が必要かについて分析しなければならない。現在、小惑星対策に関するロシア科学アカデミーとの共同作業について準備が進められている」と語った。

  •  
    シェアする