2013.12.18 , 17:56

   珍しい白ライオンの子供が、グルジアの首都トビリシ動物園で誕生した。4匹生まれたが、そのうち1匹は間もなく死亡した。

   ホワイトライオンの赤ちゃんは、トビリシ動物園で1年過ごした後、他の動物園にもらわれていく事になる。

   ホワイトライオンは、ライオンの独立した亜種でもアルビノ(白子)でもない。彼らの特殊なホワイトクリーム色は、遺伝子上の病気が原因で、自然界では、南アフリカのチィムバヴァチ自然保護区でのみ見られる。なお同保護区での生息数は、現在10頭以下にまで落ち込んでしまった。世界の動物園では、およそ100頭のホワイトライオンが飼育されている。

   VOR

  •  
    シェアする