2014.02.24 , 08:02

ロシア マースレニッツァを迎える

ロシア マースレニッツァを迎える

ロシアでは24日、冬を送り春を迎えるお祭り「マースレニッツァ」が始まる。今年のマースレニッツァは、2月24日から3月2日まで続く。

マースレニッツァは1週間にわたって祝われる。ルーシの時代、人々はこの時期、冬の終わりと春の到来を祝った。ルーシではキリスト教受容後、パスハ(復活大祭)まで続く大斎期前の一週間を「マースレニッツァ」とされた。

   マースレニッツァは2つの時期に分けられる。最初の3日間(月火水)は「狭い(小規模な)」マースレニッツァで家事をすることも許されるが、次の4日間(木金土日)の「広い(大規模な)」マースレニッツァの間は仕事をしてはならない。マースレニッツァでは、それぞれの日に名前がつけられ、独自の習慣がある。

   マースレニッツァの期間は、パスハ(復活祭)の日によって決まる。正教会では、パスハの56日前にマースレニッツァが始まる。なおパスハは、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝われる。

   リア・ノーヴォスチ

 

  •  
    シェアする