2014.03. 7 , 10:40

ジャズピアニスト松居慶子さん、13日モスクワ公演

ジャズピアニスト松居慶子さん、13日モスクワ公演

  日本の有名なジャズピアニストで国連食糧計画のエコ・アクティビティでも知られる松居慶子さんが13日、モスクワのコンサートホール「ドーム・ムーズィキ」で公演を行う。

  主催者側のプレス・リリースによれば、松居さんはジャズ、クラシック、ロック、ブルース、ワールドミュージック、世界各地の伝統音楽など、様々なスタイルをミックスした演奏を披露する。演奏のテーマは「音楽と精神性の融合」であるという。

   松居さんは「水滴~A Drop Of Water」で1985年に国内デビュー、2年後には全米デビューし、一大旋風を巻き起こした。のちピアノ・トリオ「Cosmos」を結成し、4枚のアルバムを発表。90年代も躍進を続け、97年には米ビルボードのチャート(現代ジャズアルバム部門)で最高3位。99年には「オアシス・アワーズ」で年間最優秀女性ジャズピアニストに選ばれた。2001年にはビルボードの同チャートで首位。今日までに22枚のアルバムを発表、総計150万枚を売り上げ、世界各地で公演を行い、この分野における最大級のスターである。一方、松居さんは様々な慈善活動にも従事している。1997年発表のミニCD「A Gift Of Hope」は全米乳がん協会Y-MEに捧げられた。

   13日のモスクワ公演の他にも、12日のペテルブルグ、21日のソチなど、ロシア各地の10都市で公演を行う。

   インターファクス

  •  
    シェアする