2014.04.16 , 21:02

沿ドニエストル共和国 ロシアに主権承認を求める

沿ドニエストル共和国 ロシアに主権承認を求める

   クリミアのロシア連邦への編入後、東欧のいくつかの係争地では、独立を求める動きが活発化した。中でも、そうした動きが現在最も積極的なのが、モルドワ東部ドニエストル川東岸の、ウクライナ国境に接する地域にある沿ドニエストル共和国である。同共和国当局は、ロシア編入の願いを隠していない。

   しかし、沿ドニエストル共和国最高会議は、まず、共和国の主権承認を得たい考えで、共和国当局は、そうした要請をロシア指導部と国連に送った。

   共和国最高会議は、その根拠として、2006年に実施された住民投票の結果を挙げている。それによれば、当時地域住民の97%が、モルドワから独立し、そののちロシア連邦に入るという意見に賛成した。

   インターファクス

  •  
    シェアする