2014.06.11 , 13:40

ロシア いまだウクライナからガス代金の新たな支払いなし

ロシア いまだウクライナからガス代金の新たな支払いなし

  ロシアの「ガスプロム」は、10日の段階で、ウクライナからまだ、供給済みガスの新たな支払いを受け取っていない。ロシアのノヴァク・エネルギー相が、ブリュッセルで記者団に伝えた。

  報道機関によれば、11日、水曜日ブリュッセルでロシアとウクライナは、ガスに関する交渉を再開した。月曜から火曜にかけての深夜終了した前回の会合を総括して、ノヴァク・エネルギー相は「ウクライナが6月10日までに、自ら負っている昨年11月-12月分のガス料金14億5千万$の債務を償却し、4月-5月分の料金5億$も一部支払うという合意の効力は保たれた」と伝えた。これらの支払いがなされない場合「ガスプロム」は、事実上のガス供給停止を意味する前払制導入を計画していた。つまりガスパイプラインには、トランジット(ウクライナを通過する)分だけを送るという事だ。

 水曜日の未明、EU代表者達との交渉の後「ガスプロム」のミルレル社長は、前払システムの導入を16日、月曜日まで延期すると発表した。またノヴァク・エネルギー相も、ロシアがウクライナ側の支払いを16日まで待つ用意がある事を確認した。

 

   リア-ノーヴォスチ

 

  •  
    シェアする