2014.07.28 , 15:36

プーチン大統領「ロシアの工業を輸入をしないで済むような形に」

プーチン大統領「ロシアの工業を輸入をしないで済むような形に」

  28日、プーチン大統領は、輸入代替をテーマとする会議で、契約不履行の政治的リスクを避けるため、ロシアの工業を早急に、輸入品を補充できるような形に移行させるべきだとの課題を示した。

  大統領は「ロシアにとって極めて重要なのは、軍事的・経済的な安全保障の諸問題であり、技術上の主権を守る事である」と指摘し、次のように続けた―

   「我々の課題は、外国のパートナー達が契約を履行しないというリスクから自分自身を守る事にある。我々は、政治的性格のものも含め、そうしたリスクにさらされている。」

  今回の会議は、産軍複合体における輸入代替作業加速化に向けたもので、特別な技術や兵器を生産する際必要となる部品を国産品へと、最大限幅広く移行させてゆく問題が討議された。

   インターファクス

  •  
    シェアする