2014.09. 6 , 14:14

「ダーチャ好き」の舛添都知事 トムスク州知事に特製梅酒プレゼントを約束

「ダーチャ好き」の舛添都知事 トムスク州知事に特製梅酒プレゼントを約束

東京都の舛添要一都知事は、ダーチャがお好きのようだ。西シベリア・トムスクで開かれているアジア大都市ネットワーク・サミットの枠内で、6日都知事は、ダーチャ(郊外の菜園付セカンドハウス、日本で言う「別荘」のような高級なイメージはない)村ザヴァルズィノを訪れたが、そこでトムスクのセルゲイ・ジヴァチキン州知事に、特製梅酒を日本から送ると約束した。

   舛添都知事は、ダーチャ村視察後、記者団に対し「私も、ロシアでダーチャと呼ばれているようなものを持っています。そこには梅の木があり、私と妻は、梅の実を集めています。ジヴァチキン知事に,そこで採れた梅を使って作った特製の梅酒を送りましょう」と約束した。
   ダーチャ村で知事は、菜園でニンジンやカボチャをどうやって栽培しているのかに関心を持ち、トマトの温室やロシア風蒸し風呂も見学した。
   また舛添都知事は、日本にロシア風のダーチャを作る可能性を指摘し「出生率が減少している事から、町の中に自由な空間が多くなっている。それを、菜園付のセカンドハウス作りに利用したらどうだろう」と提案した。
   なお視察の締めくくりに、都知事は、晴れ着の民族衣装を着た地元のバーブシカ(お婆ちゃん)達と記念撮影をし、心づくしの焼肉料理(シャシリク)、採れたてのリンゴや新鮮な野菜が並んだテーブルを一緒に囲んだ。

   リア-ノーヴォスチその他、ロシアのマスコミ報道をまとめて

  •  
    シェアする