2014.11. 9 , 18:14

プーチン、安倍両首脳、平和条約準備を取り決め、APECサミット

プーチン、安倍両首脳、平和条約準備を取り決め、APECサミット

 プーチン大統領と安倍首相は平和条約の準備作業および国際問題について話し合う構え。両首脳は北京APECサミットのフィールドで行なわれた会談でこれについて取り決めた。

 

プーチン大統領は、ここ数年露日関係は経済面でも政治面でも非常に首尾よく発展していると指摘し、「平和条約締結交渉の再開もこれにあたると思う」と語った。 

 

プーチン大統領は、8日モスクワで実施された日本武道演武会を視察したと伝え、「これは単にスポーツにとどまらず、日本文化の素晴らしい一面であり、二国関係発展のための一番良い土台だと思う」と語った。 

安倍首相はプーチン大統領が同演武会へ関心を寄せたことに対し謝意を述べ、「柔道家としてのあなた(ロシア語で親しい相手を表す"ты"トゥイ)の日本の武道の理解は日本のより深い理解だと思う。これは露日関係発展と強化のための大きなプラスだ」と語った。 

プーチン大統領に対し、安倍首相は名前で相手を呼んだほか、友達どうしで使われる"ты"トゥイを使用した。

 

  •  
    シェアする