2014.11.21 , 14:29

人類はチョコレート不足に直面する可能性がある

2020年までに人類はチョコレート不足に直面する恐れがある。チョコレート製造者が警告した。

急にチョコレートの消費量が増え、カカオ豆の生産が追いつかない状況だという。
昨年チョコレートは約25パーセント値上がりした。その原因は、生産者の経済問題と消費の増加だ。例えばアジアでは、欧州の7倍の速さで消費量が増えているという。
加えて、カカオ豆が生産されている西アフリカで、エボラ出血熱が流行しているのも懸念されている。
チョコレート好きな人たちは、食欲を抑えなくてはならなくなるかもしれない。もしかしたら、チョコレートはキャビアのような贅沢の象徴となる可能性がある。

  •  
    シェアする