2015.01. 2 , 15:40

エア・アジア機乗客は大洋を泳ぎ、力尽きて沈んだ?

エア・アジア機乗客は大洋を泳ぎ、力尽きて沈んだ?

ジャワ海のインドネシア沖における捜索・救助活動で2日、沈没したエア・アジア機の残骸を海中に探す作業が始まっている。

現場では4mの高波があり、作業は難航を予想される。現在、正確な墜落場所が調べられ、また、機内の飛行記録の捜索が行われている。

海中からは現在22人の乗客・乗員の遺体が引き上げられており、すでに検死が始まっている。

西側一部メディアの昨夕の報道によれば、同機は海に軟着陸したが、のち高波により沈んだ、とする説もある。

専門家のドゥディ・スビイオ氏によれば、「航空機が水や陸地に強く打たれ、または山に撃墜したときには、衝撃により即座にELT送信機が作動した筈である。それが事故について報知してくれた筈だ。今回のケースではそれがなかった。それから見ると、着陸の際に強い衝撃はなかったようだ」。

軟着陸ののち、一部乗客が機内を脱出した可能性もある。いずれにせよ、悪天候と高波で航空機はただちに海底に没したはずだ。

Vesti.ru

  •  
    シェアする