2015.01.10 , 20:34

ロシアはキエフに30億ドルの債務履行を求めうる

ロシアはキエフに30億ドルの債務履行を求めうる

ロシア政府の情報筋によると、ロシアがウクライナに長期で提供した債権の条件となった一連のパラメーターは違反されており、これが債権の前倒し帳消しを求める原因となりうる。

キエフ当局と内務省間の交渉過程に詳しい情報筋によれば、2015年にウクライナが支払わねばならない債務額は総額65億ドル。その半額がロシアからの債務で国際通貨基金(IMF)からの債務は15億ドルに過ぎない。このため欧米の金融制度から融資を受けた場合、欧米市民の血税から得た資金のかなりの割合をロシアに返す羽目になる。

ウクライナは現在、極度の政治危機状態にあり、その影響が経済、予算面に出ている。ウクライナは事実上デフォルト突入寸前の状態にある。

リアノーボスチ通信

  •  
    シェアする