11:41 2018年10月16日
世界終末時計

世界終末時計 核の真夜中まで2分

© AP Photo / Carolyn Kaster
社会
短縮 URL
0 11

地球最後の日を象徴的に示す世界終末時計が30秒進み、23時58分となった。米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」が発表した。

スプートニク日本

これは1953年に行われた初の水爆実験以来の短さである。

同誌の広報担当者は「私たちは昨年の間、全ての核大国が自身の核戦力発展に投資する様子を目にしていた」と述べた。

世界終末時計は1947年、同誌の表紙に描かれたのが始まり。24時から最も遠かったのが1991年、冷戦終結後だ。当時、人類は核による終末から17分遠ざかったと見なされた。

近年、針は進む一方だ。最後に針が進んだのは1年前で、時計は23時57分30秒を示した。

関連ニュース

米専門家、北朝鮮との核戦争のシナリオを予測

マスコミ、ハワイが核攻撃を受けた場合の被害をシミュレートする

タグ
核兵器
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント