21:34 2018年11月20日
アムステルダム市の 性産業従事者

アムステルダム市、赤線地区から売春婦の立ち退きを検討

© Depositphotos / Erikdegraaf
社会
短縮 URL
131

オランダ・アムステルダム市は中心にある赤線地区(飾り窓)から性産業従事者を立ち退かせる計画を策定中だ。英紙ガーディアンが1日、報じた。

スプートニク日本

英紙ガーディアンによると、フェムケ・ハルセマ市長は2019年に実行する方針だ。首都アムステルダムの歴史的中心街の外で売春業を行う許可証の発行開始を予定している。

フェムケ・ロオスマ市議員はアムステルダムに性産業従事者のためのホテル創設を提案。ホテルは「女性らが自らの金銭に関して安心し、彼女らに向けられる旅行者のカメラから居心地の悪さを感じない場所」になるという。

立ち退き計画の理由の1つは、旅行者の集団だ。すでに現在、市はゴミの清掃ができるよう一時的に売春宿の営業を禁止するまでになっている。

関連ニュース

米で472年の懲役刑 売春強要で【動画】

ハリー王子の元護衛、児童ポルノの現場を押さえられるも服役を回避

タグ
文化, 歴史, 観光, アムステルダム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント