02:35 2019年10月23日
AV撮影

ポルノ業界の関係者たちが、職業の「ダークサイド」の経験を共有

© Depositphotos / Aradaphotography
社会
短縮 URL
0 13
でフォローする

ポルノ業界の現・元関係者たちが、その活動に関連する最も奇妙かつ最も不快、さらに最も恐ろしい瞬間をウェブサイトRedditで共有した。彼らの話のスレッドには、4000件以上のコメントが寄せられた。

​奇妙な話はたくさんある。例えば以下のようなものだ:

「私のある女友達はウェブカメラを使って仕事をしました。クライアントの1人は彼女にセッションごとに600ドルを支払いました。1. オレンジのゴムで髪の毛を結ぶ。2. 部屋をオレンジ色の風船でいっぱいにする。3. オレンジ色の下着を着用する。4. 自分の体をオレンジでこする。これで600ドルずつ!」

一方、大部分の話は率直に言って不快、さらには不気味でさえある。

女性
© Depositphotos / Tampatra@hotmail.com
大勢の人が、撮影現場によくある「人間の体の製品」の臭いに注目した。ユーザーの1人は「私はこれがどれほど臭いかを説明できない」と書き込んだ。売春宿経営者の1人は、臭いはコーヒーで取れるとコメントした。

ThisIsDarkさんは、多くの女性はAV撮影中、薬物による酩酊状態にあることに注目した。

「彼らはかろうじて立つことができる」

Never2spicyさんは、ある時ストリップラブの楽屋で、子どもの写真の近くに注射針がいたるところに散らばっているのを見たことがあると語った。

テレフォンセックスの仕事をしている人たちは、小さな子供の声で話すように依頼された時は断ることが多いことを明らかにした。

ポルノ女優の一人は、レイプすると脅された男性から何度もつきまとわれたことがあると不満を述べた。

この女性は「人々は、私たちも他の人たちと同じように労働者であることを単に理解していない」とコメントした。

スレッドには新しい話が投稿され、コメントはすでに約5000件、賛成票は1万4600票となっている。

関連記事

タグ
文化, 映画, セックス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント