03:28 2019年09月22日
アリババ創設者ジャック・マー氏

将来的には週12時間労働になる?

© Sputnik / Ilya Pitalev
社会
短縮 URL
筆者 :
142
でフォローする

グローバル企業は将来、週12時間労働になる。アリババ創設者で会長のジャック・マー氏がこうした提案を行い、ブルームバーグが報じた。

マー氏は、労働の大部分は従業員にかわり人工知能(AI)が行うことになる。

上海で開催された2019年世界人工知能大会でマー氏は「私は仕事の心配はしていない。コンピューターにはチップがあるだけだが人間には心がある。知恵はまさに心に起因する」と発言した。

マー氏によれば、AIはすばらしい記憶力と反復行動能力の部分では人間にかわることが可能だという。しかし、AIは人々の収入を奪うことはなくただ手伝うだけ。マー氏の考えでは、将来的に技術の進歩のおかげで人々は週たった3日、1日4時間の労働が必要となる。

労働時間の短縮

最近、労働時間短縮への移行に関する問題がロシアで話題となった。ドミートリー・メドヴェージェフ首相は週4日労働の導入を提案した。

週4日制導入案はロシア社会に大きな波紋を呼んだ。世論は賛成、反対にほぼ半々に分かれている。専門家らはロシアでも週4日制は可能であるものの、それは現在の雇用が技術やロボットに置き換えらえる状況が生まれる10年から15年先になるとの見通しを表している。今の段階で週4日制に移行すればGDP成長率が落ちるというのが専門家の予測だ。

タグ
ロボット, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント