12:51 2019年11月17日
ロサンジェルス(米国)

ロサンゼルス市警察が、オペラのアリアを歌うロシア出身のホームレス女性をスターにする【動画】

CC0 / Pixabay
社会
短縮 URL
0 90
でフォローする

ロサンゼルス市警察は9月27日、誰もいない地下鉄のプラットホームで1人の女性がイタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのオペラ「ジャンニスキッキ」よりアリア「O mio babbino caro(私のお父さん)」を歌っている動画をツイッターとインスタグラムに公開した。この動画の再生回数はすぐに数万回となり、大きな人気を獲得した。

警察は動画を投稿し「400万人がロサンゼルスを自分の家と呼んでいる。400万のストーリー。400万の声... 時には何か美しいものを聞くためにただ立ち止まり、その声の一つを聞く必要がある」と書き込んだ。

ジャーナリストたちは歌っている女性が誰なのかを明らかにするため、取材を開始した。ロサンゼルスのアルメニア人コミュニティの関係者は、テレビ局ABCに、この女性には家がないと話した。また、その後まもなく、女性はロシア語を話していることがわかった。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Sputnik 日本 (@sputnik_jp)

数日後、ABCとロサンゼルス・タイムズ紙はほぼ同時に女性を探し出し、取材を行った。女性は、自分の名前はエミリー・ザモルカで、年齢は52歳、24歳の時にロシアから米国に移住したと語った。ザモルカさんはプロのヴァイオリニストピアニスト。子どもの頃にテレビ放送のオペラ歌手の真似をして歌うことを学んだという。

米国では音楽を教えていたが、2005年に健康上の問題が生じ、ロシアの友人たちがロサンゼルスの病院で治療を受けるのを手伝ってくれたものの、その後、支援が途絶えてしまったという。

ザモルカさんはやりくりするためにカフェやレストラン、さらには路上でも働いたが、ある時、ヴァイオリンが盗まれてしまった。

ザモルカさんの歌の美しさに感動した警察官は、録画の許可を求めた。ザモルカさんは、動画をインターネットに投稿しないことを条件に同意した。

現在、ロサンゼルスの警察は、ザモルカさんが新しい家に住むための資金集めを開始した。必要な6万5000ドルのうち、すでに4万6000ドル超が集まった。

この度、ザモルカさんは、ロサンゼルスで開催のイタリアの遺産を称賛するフェスティバルのオープニングに招待された。

関連ニュース

ロシアのオペラ歌手がイタリアでパスポート紛失 歌劇のフレーズで警官に説明

タグ
米国, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント