09:08 2020年04月08日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

2019年、ロシアでの日本車購入台数は約30万5千台に上った。この台数は前年比で9%減。2018年との比較では9%少ない結果だった。

人気のトップはビジネスセダンのトヨタ・カムリで3万4千台が購入された。2位はクロスオーバーSUVのトヨタ・RAV4。ロシアでは3万600台が購入された。

3位となったのは日産・キャシュカイ。( 日本では生産中止となったデュアリスの欧米市場向けバージョン)このほかに、専門家らは、2019年に人気が高かった自動車として、三菱のアウトランダー、マツダのCX-5、日産のエクストレイルの名をあげた。

  • クロスオーバーSUVのトヨタ・RAV4
    クロスオーバーSUVのトヨタ・RAV4
    © Depositphotos / Konstantinp
  • 日産キャシュカイ
    日産キャシュカイ
    © AFP 2020 / Jung Yeon-Je
1 / 2
© Depositphotos / Konstantinp
クロスオーバーSUVのトヨタ・RAV4

車の好みからその持ち主の性格が透けて見えることは多い。たとえば日本車好きには大胆不敵な性格の持ち主が多いようだ。2019年、最も盗難被害件数が多かった車両が日本車だったということからも 、それはうかがえる。

また、ロシアでもっとも「男性的」と認められる自動車ランキングでは日本のインフィニティが首位となった。

タグ
, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント