00:47 2020年07月05日
社会
短縮 URL
0 14
でフォローする

英国の俳優ダニエル・ラドクリフさん(30)は、ラジオ番組Desert Island Discsで、映画『ハリー・ポッター』シリーズで演じた魔法使いの少年ハリー・ポッターのせいでアルコール依存症になってしまったと語った。インディペンデント紙が報じた。

ラドクリフさんは「僕がどこかでお酒を飲むことは、皆にとっても興味深いものであることがすぐにわかりました。だってそれはただの酔っ払いではなかったからです。『おい見ろよ、ハリー・ポッターがバーでショットグラスを次々と飲み干してるぞ!』ってなるんです」と語った。

ラドクリフさんは、魔力を持つ少年の役を演じたことで、自分への人々の関心が「少し侮辱的」になったと説明した。ラドクリフさんは、多くの人にとって「これは(「少年」がお酒を飲むこと)定義の点でおかしなものだった」と語った。

結果、ラドクリフさんは、さらに多くのお酒を飲むようになり、それは長年にわたって続いたという。

ラドクリフさんは「撮影が終わる頃や撮影が終わった後にはさらにお酒を飲むようになっていて、パニックだった。次に何をしたらいいのかよくわからず、しらふの状態では居心地が悪かった」と語った。

2010年からたくさんのお酒を飲み始めたというラドクリフさんは、辛い時を乗り越えるのを助けてくれた家族や友人に感謝の気持ちを表した。

ラドクリフさんは以前、お酒を飲むのを何度もやめようとし、友人の助けを借りて成し遂げることができたと語っている。

関連記事

タグ
文化, びっくり, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント