19:53 2020年05月29日
社会
短縮 URL
0 42
でフォローする

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんは、14日に米CNNで放送されたビデオメッセージで、国連児童基金(ユニセフ)への10万ドル(約1070万円)の寄付を発表したほか、新型コロナウイルスへの感染が疑われたため自主隔離したことを語った。

トゥーンベリさんは新型コロナウイルスについて「私たちのところ(スウェーデン)では医療支援を必要としない場合は検査が行われないため、まだ検査は受けていません。もちろん、私がそれを(コロナウイルス)持っているかどうかはわかりません。だけど、それでも私は自主隔離しました。そうするのが正しい行動だからです」と述べた。

またトゥーンベリさんは、ユニセフへの10万ドルの寄付についても語った。トゥーンベリさんは「私たちは新型コロナウイルスのパンデミック時にユニセフを支援するために新しいキャンペーンを開始しました。危機の最中に一番大変なのは常に最も脆弱である子どもたちです」と説明した。

トゥーンベリさんはまた、手洗いをしたり家にいなければならないと話す時、私たちはきれいな水、石鹸、排水設備にアクセスできない世界の別の地域の人々については考えていないと指摘し、彼らには家があるだけで、社会的距離を確保する可能性すらないかもしれないと語った。


グレタさんは2019年、タイム誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

この他、米経済誌「フォーブス」の選ぶ「最も影響力のある女性100人」にも名前が挙がった。

年が明けて1月、グレタさんは自身が始めた地球温暖化対策を訴える運動「未来のための金曜日」の英語の名称「Fridays For Future」及びスウェーデン語の名称「Skolstrejk för klimatet」も商標登録する手続きを取った。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
グレタ・トゥーンベリ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント