21:02 2020年11月25日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

米マーベルスタジオの映画『マイティ・ソー』のソー役で一躍世界的に有名になった俳優クリス・ヘムズワースさんが、ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリー映画『シャーク・ビーチ』に出演することがわかった。米誌ハリウッド・リポーターが報じている。

同誌によると、『シャーク・ビーチ』は、近年なぜサメの人間への攻撃が頻繁になっているのか、この現象に影響を与えているものは何かを探る目的で製作される。この調査にあたってヘムズワースさん、海洋生物学者、サーファー、環境保護活動家らが参加する。

ヘムズワースさんは、「私は人生の大半を海で過ごし、実際にサメと一緒に暮らしてきました。しかし最近、サメの過剰な行動に関する懸念が増えています。サメを尊敬することはとても大切なことです。私たちの海に多様な生態系が存在するためには、その頂点に立つ捕食者が必要なのです。それと同時に、私たちは身の守り方を学ぶ必要があります。それが『シャーク・ビーチ』における私の一番の目的です」とのコメントを発表している。

同映画でヘムズワースさんは、サメの習性を探るため様々な種類のサメと一緒に泳ぐ他、サメと人間双方を守るために開発されたテクノロジーを紹介する。

この映画は毎年恒例の『シャーク・フェスト(サメ祭り)2021』でプレミア公開される予定。

関連記事

タグ
サメ, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント