18:37 2021年04月11日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

先日、ヘンリー王子とその妃のメーガン・マークル氏は米国の有名なテレビ司会者オプラ・ウィンフリー氏のロングインタビューに応じた。英王室を離脱後初となるインタビューでの暴露に期待が集まっており、このインタビューの放送(3月7日放送予定)を誰もが震えながら待ち望んでいる。しかしこの放送前に、ヘンリー王子夫妻をめぐって別のスキャンダルが発生した。

英タイムズ紙によると、メーガン妃による嫌がらせやいじめについて、ケンジントン宮殿のスタッフから苦情が寄せられている。英BBCによると、メーガン妃はこの報道を受け、このような「攻撃」に「悲しんでいる」という。

報道によると、2018年10月付けの手紙で、メーガン妃が2人の宮殿スタッフを追い出し、もう1人のスタッフへの「信頼を損なった」と綴られている。タイムズ紙の情報筋によると、ヘンリー王子はこの情報を広めないようにとスタッフに頼み込んだという。

また、タイムズ紙の情報筋は、スタッフがメーガン妃にいじめられていたことを明かし、中にはメーガン妃に泣かされたスタッフも何人かいたと明かしている。さらに情報筋の1人によると、メーガン妃はスタッフを何度も侮辱したという。

この報道に対し、ヘンリー王子夫妻の弁護士は、オプラ・ウィンフリーとのロングインタビューの放送前に、「バッキンガム宮殿を利用して完全に虚偽の情報を広めている」とタイムズ紙を非難した。

エリザベス2世の公邸であるバッキンガム宮殿は、メーガン妃に対する非難について調査すると発表している。


オプラ・ウィンフリーとのロングインタビュー

このインタビュー番組は、当初1時間半の放送を予定していたが、その後放送時間が2時間に拡大したことが明らかになった。

関連記事

タグ
メーガン妃
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント