13:24 2021年05月06日
社会
短縮 URL
0 33
でフォローする

 北朝鮮の5歳未満の子どもの5人に1人が、慢性的な栄養失調による発育阻害の状態にある。韓国のTVチャンネルKBSが5日、国連児童基金(UNICEF)、世界保健機関(WHO)、世界銀行が共同で作成した報告書を引用して報じた。

報告書によると、2020年末現在における北朝鮮の5歳未満児に占める慢性的な栄養失調による発育阻害児の割合は18.2%(31万7800人)だった。2012年と比較して7.9%減少したものの、国際的な基準を下回っている。

世界では昨年、1億4920万人の5歳未満の子どもたちが発育阻害に陥った。

また報告書では、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行が、十分な栄養と通常の身体活動への子どもたちのアクセスを制限し、食料状況を悪化させる恐れがあると指摘されている。

関連ニュース

タグ
WHO, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント