21:14 2021年09月20日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

古代エジプトの死神アヌビスの頭を思わせる頭蓋骨を持つ、4本脚のクジラの化石がエジプトで発見された。この新種のクジラは、アヌビスにちなんで「フィオミケトゥス・アヌビス」と名付けられた。英BBCが報じている。

「フィオミケトゥス・アヌビス」は、1000万年前に陸上で生活していた鹿のような哺乳類から進化した生物だという研究者の推定では、この新種は体長3メートル、体重600キログラム。

研究者らは、この新種は強力な捕食者で「周辺で生息する多くの動物にとって死神」だったとみている

​この新種の化石の一部は、エジプトの西方砂漠で発見された。このエリアは現在は砂漠だが、かつては海に覆われていたため化石の宝庫とされている。

​古生物学者が脚を持つクジラの化石を発見したのはこれが初めてではないが、今回の新種が注目を集めているのは、アフリカで発見された半水生のクジラの中で最も古い種と考えられているためだ。最初のクジラは、約5000年前に南アジアに現れたとみられている。

関連ニュース

タグ
エジプト, 考古学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント