21:40 2018年08月20日
米軍、アサド政権派部隊を空爆

米軍、アサド政権派部隊を空爆

© AFP 2018 / George Ourfalian
中東
短縮 URL
2224

過激派組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」掃討を進める米軍主導の有志連合は18日、シリア南部タンフ近くで同日、アサド政権派の部隊を空爆したと明らかにした。共同通信が報じた。

スプートニク日本

有志連合は「脅威となったためだ」として防衛目的だったという声明を発表した。アサド政権派の部隊は米軍やシリア反体制派の拠点に近き、有志連合の警告射撃を受けても進軍をやめなかったという。

共同通信によると、マティス米国防長官は18日、記者団に「米国の役割を広げるつもりはないが、自分たちの部隊は守る」と語り、シリア内戦への米軍の関与拡大ではないと示した。

先の報道では、米国諜報機関は「ダーイシュ(IS、イスラム国)」がイラク、シリアにいる化学兵器に関する味方の専門家を全員集め、新たな「化学兵器セクション」を作ろうとしているとの見方を表している。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, バッシャール・アル=アサド, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント