15:00 2018年09月20日
「ヌスラ戦線」

露外務省 有志連合が「ジハード・アン=ヌスラ」を攻撃から免れさせようとしている

© AFP 2018 / Guillaume Briquet
中東
短縮 URL
0 182

ロシアは、「ジハード・アン=ヌスラ」を攻撃から免れさせようとしている証拠を目にしており、そのような行為は止めるべきである。ロシアのラヴロフ外相が、エチオピアのゲベイョウ外相との会談を総括して述べた。

スプートニク日本

ラヴロフ外相は「シリアでのテロとの戦いの経験に基づく全体的な印象は、所謂『ジハード・アン=ヌスラ』を、それがどのような名前であろうとも、米国が主導する有志連合の部隊と、彼らと協力する他の国々が、再び傷つけずに容赦しているというものだ」と述べた。

ラヴロフ外相によると、最近、名前が変わった「ジハード・アン=ヌスラ」を攻撃から免れさせているという新たな証拠が出た。

ラヴロフ外相は、これは危険なゲームであり、止めるべきだと指摘した。

なお先にロシア国防省が巡航ミサイル「カリブルNK」がシリアの「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の陣地をめがけて発射する瞬間を映した映像を公開した

タグ
ISIS, 米国, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント