03:02 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    バーレーン

    バーレーン 国内のテロ組織を「支援」のカタールに賠償金請求へ マスコミ報道

    © Sputnik/ Valeriy Levchenko
    中東
    短縮 URL
    カタールをめぐる外交スキャンダル (51)
    0 65019

    バーレーン議会はカタールがバーレーン国内の急進主義組織に「支援」を行っているとして、自国政府に対し、カタールに賠償金を請求する訴訟を起こすよう要請した。バーレーン通信(BNA)がバーレーン議会のアリ・アリアラディ第1副議長の声明を引用して報じた。

    スプートニク日本

    アリアラディ第1副議長はバーレーン政府に対し、こうした苦情を受け付ける特別委員会の創設を要請した。同氏によれば、現在バーレーン議会では懇談が行われており、その結果、カタール政府に対して措置を講じることが考えられる。

    これにより前、バーレーン検事総長は2011年、バーレーンで起きた大規模デモの際にカタールの元首相とシーア派反体制派のリーダーとの電話会談の録音がテレビ放送で公になったことに関し、捜査が開始されたことを明らかにしている。バーレーン政権は、この会話でカタールの元首相が紛争当事者間の仲介者役を演じていることから、カタールはバーレーン国内の反対運動を煽り、政権交代を企んだとみなした。

    バーレーン政府は今年6月5日に「安全保障上の理由」からカタールとの国交断絶を宣言した。バーレーンにに続いてサウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦もカタールと国交を断絶すると発表した。

    トピック
    カタールをめぐる外交スキャンダル (51)
    タグ
    国交断絶, 捜査, バーレーン, カタール, 中東
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント