09:01 2018年10月17日
シリア

国連シリア代表部「米、『ダーイシュ』を支援」

© AFP 2018 / Amer Almohibany
中東
短縮 URL
1121

米主導の有志連合が、シリアのラッカとデリゾールを解放する作戦の際に、これらの都市から「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の戦闘員が脱出するのを助けていたと、国連のシリア代表部が述べている。この内容を記した書簡が国連事務総長と安全保障理事会議長に送られた。

スプートニク日本

シリアのムンゼル国連臨時代理大使は書簡で、「ラッカ解放についてのこの『芝居』は全て、犯罪的な有志連合の航空部隊がラッカで血にまみれた虐殺を行って何千人もの命を奪い、この町自体を地上から消し去った後に作り上げられたものだ。この間に有志連合とそれに関係する勢力は、外国人が多数を占めるダーイシュのテロリストがラッカとデリゾールから安全に脱出するのを助けていたのだ」と述べている。

さらに、有志連合は戦闘員らが「デリゾール県のシリア軍とその友軍の部隊に対する攻撃のため」移動するのを助けていたとし、ラッカ復興計画について有志連合が発表した声明は「この極悪非道の犯罪の証拠を隠滅する」ために作られたものだと強調している。

関連ニュース

「ダーイシュ」からアブ・カマル解放 シリア軍が公式に確認

シリア、連合国軍がシリアの「ダーイシュ(IS)」の最後の砦を包囲

デリゾールから「ダーイシュ」が完全に駆逐

 

 

タグ
ISIS, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント