13:56 2018年10月21日
露国防省 13日の記者会見

ドゥーマ化学兵器使用がでっち上げである無数の証拠がある=ロシア国防省【動画】

© Sputnik / Press service of the Ministry of Defence of the Russian Federation/Vadim Savitskii
中東
短縮 URL
4633

コナシェンコフ・ロシア国防省報道官は13日の記者会見で、シリア首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで起きたという化学兵器による攻撃を映した動画がフェイクである複数の証拠を同省が有していると述べた。

スプートニク日本

映像に参加した、化学兵器の攻撃の「後遺症」を持つ人びとを発見し、質問することに成功したとコナシェンコフ氏は指摘する。

挑発の真の目的は、シリアにミサイル攻撃を加えるよう米国を焚き付けることだとコナシェンコフ氏は付け加えた。

ドゥーマ化学兵器

同省の情報によると、撮影に参加した人びとは医学の教育を受けている。彼らによると、映像の「被害者」に化学物質にさらされた兆候はなかった。

ドゥーマ【アーカイブ写真】
© AP Photo / Syrian Civil Defense White Helmets
化学兵器による攻撃を映したという動画自体は、ドゥーマ市の病院で撮影されたものだ。

いわゆる「ホワイトヘルメット」が、迅速に挑発行為を行うよう英国政府から強い圧力を受けたことが、ロシア軍には明らかになっている。

ロシア国防省は、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査が公平であることを願っている。

関連ニュース

シリア化学兵器疑惑 調査はまだ、犯人は決定

シリア犠牲者のWHO発表に露外務省「確証欠いた情報の無責任な拡散」

タグ
化学兵器禁止機関, ロシア国防省, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント