13:07 2018年05月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    東グータの化学攻撃演出の参加者、スプートニクに詳細を語る

    東グータの「化学兵器攻撃」演出の参加者、スプートニクに詳細を語る【写真】

    © Sputnik / NOUR MOLHEM
    中東
    短縮 URL
    3401

    スプートニク特派員は、ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで行われた化学兵器の攻撃の演出撮影に参加した少年に接触することに成功した。

    スプートニク日本

    ムスタファ(10)という名前の少年はドゥーマに住んでいる。

    反体制派武装勢力「ジャイシュ・アル・イスラム(イスラム軍)」におびえていたため、スプートニクのジャーナリストたちに話すことを長い間拒んできた。

    ムスタファ
    © Sputnik / NOUR MOLHEM
    ムスタファ

    ジャーナリストたちが、撮影について語ってくれるよう頼むと答えとして「ぼくが話しても、あなたたちはぼくを殺さない?」とたずねた。

    会話のプロセスでムスタファくんは慣れ、怖がらないようになった。勉強が好きだが、学校が倒壊していると話した。

    少年は、こどもたちが指令を遂行すれば「ジャイシュ・アル・イスラム(イスラム軍)」の人びとが甘いナツメヤシをくれると約束したと語った。

    「こどもたちが病院のちかくで集められて、ぜんぶ正しく遂行すればクッキーとじゃがいもの入った袋をもらえると言われた。人びとが大きな袋を複数個持ってきたけれど、ぼくたちは、なかに何が入っていたかわからなかった。ぼくたちは蛇口から水をかけられた。その後大人たちが走ってきて子供たちをつかんで、病院の建物の中へ。そこではぼくたちは写真をとられた。そのあとぼくたちには約束の食料が配られて、言うことを聞いてよく振る舞ったから遊んでもいいと言われた。」

    関連ニュース

    ドゥーマ化学兵器使用がでっち上げである無数の証拠がある=ロシア国防省【動画】

    タグ
    化学兵器, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント