05:42 2018年11月15日
サウジ国王、米国務長官と会談

サウジ国王、米国務長官と会談 記者失踪事件で

© AFP 2018 / Leah Millis
中東
短縮 URL
113

サウジアラビアのサルマン国王は16日、首都リヤドでポンペオ米国務長官と会談した。サウジ人記者のジャマル・カショギ氏が失踪した事件を受けた会談。サウジ外務省がツイッターで伝えた。

スプートニク日本

「会談では、2つの友好国の歴史的関係について話合い、地域での現在の状況が検討された」

カショギ氏は米紙ワシントン・ポストでコラムニストとして働き、2017年から米国で住んでいる。サウジ政府に批判的だったカショギ氏は今月2日、トルコのイスタンブールにあるサウジアラビア総領事館に入ったあと、失踪した

サウジ政府が主張するところ、カショギ氏は領事館の建物を後にして失踪した。また、調査団は失踪事件を解明するため、トルコ当局と協力していると強調した。

だがトルコのエルドアン大統領は、サウジは自らが関与していない証拠を示すべきだと表明。さらに、サウジが主張する説明は説得力が弱いと指摘する。

関連ニュース

行方不明のサウジ記者、殺害時に自ら録音か

原油価格、地政学的リスクを背景に上昇

タグ
スキャンダル, 米国, トルコ, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント