07:21 2019年12月12日
ラブロフ外相

ダーイシュはシリアで殲滅したが、テロに対する勝利はまだ遠い=ラブロフ外相

© Sputnik / Grigoriy Sysoyev
中東
短縮 URL
3102
でフォローする

ロシアのラブロフ外相はクウェート通信のインタビューで、過激派組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」は完全に殲滅したが、シリアにおけるテロリズムに対して勝利したと言うのは時期尚早だという認識を示した。

スプートニク日本

「ロシア航空宇宙軍の協力を受けた政府軍による一連の成功した作戦を受けて、シリア情勢は目に見えて安定した。『準政府』を目指していた組織としてのダーイシュは殲滅された」

「『休眠中』の過激派ギャングの組織の無力化にはまだ多くが先に控えている。シリアでは複数のテロリストの発生地が保たれている」

関連ニュース

「ダーイシュ(ISIL)」に5千万ドルから3億ドルの資金 国連反テロ委員会が報告

アラブ連盟、3月にもシリアの復帰を検討

タグ
ロシア外務省, ISIS, セルゲイ・ラブロフ, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント