04:01 2019年06月26日
ロシア外務省のセルゲイ・リャプコフ次官

イランでのタンカー攻撃で責任かぶせる試みに警告=ロシア外務省

© Sputnik / Andrey Stenin
中東
短縮 URL
3261

リャブコフ外務次官は13日、ホルムズ海峡近くのオマーン湾でタンカー2隻が攻撃を受けた事件に関して、ロシア政府は拙速な結論に反対であり、状況を冷静に整理するよう呼びかけるとの声明を出した。

スプートニク日本

「情勢は非常に危険で、ある種の出来事の原因や結果についての何らかの誤算や誤解の可能性は非常に憂慮される。これは地域の状況が全体的に極度に厳しいことを反映している」

リャブコフ氏は「イランをめぐる情勢正常化の措置が必要で、出来事を冷静に偏り無く整理する必要と、火に油を注ぎかねない拙速な結論を出さないようにする必要がある」と強調した。

リャブコフ氏は、タンカー攻撃は反イラン感情を強めるために利用されるべきではないとけん制した。

「この機会に、一連の有名な諸国に好まれないものに責任をかぶせる試みに対して前もって警告する。私たちは近ごろ、イランに対する政治・精神的、軍事的圧力を加えるキャンペーンが強まりつつあることを観測している。起きたばかりの出来事が、反イラン的な情勢のさらなる悪化のため利用されることは望まない」

関連ニュース

タグ
事件, 事故, 石油, 日本, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント