05:26 2019年11月15日
米国軍

数日以内に米国がシリアから軍を撤退させる計画=メディア報道

© 写真: U.S. Marine Corps/Cpl. Carlos Lopez
中東
短縮 URL
140
でフォローする

米国は数日中にシリア北部から米軍の大部分を撤退させる。ロイター通信が米政府筋の話として報じた。

米政府筋によると、米政府は米軍を撤退させるためのいくつかの選択肢を検討しているが、米軍の大半は数週間ではなく、数日中に撤退する可能性が高いという。


これよりも前に、13日、マーク・エスパー米国国防長官は、トランプ大統領の指示で、シリア北部から約1000人の米軍を撤退させると発表した。エスパー国防長官は、撤退をできるだけ早く行うとしているが、具体的な期間は明言していない。


13日、クルド人勢力はシリア当局と合意し、シリア政府軍はトルコからの攻撃を防ぐためにトルコとの国境沿いに配置されることがわかった。

当初から米国政府は、トルコの軍事作戦を支持せず、米軍は紛争地帯から撤退すると述べていた。13日、エスパー国防長官は、「私たちは、NATOにおける長年の同盟国であるトルコとの戦争に参加しない」と述べた。また、国防長官は、トルコ人とクルド人の間で紛争が200年続いていることに言及した。さらに、「トルコは、米国とクルド人勢力と協力関係を結んでいることに対し、常に反対姿勢をとっていた」とエスパー国防長官は付け加えている。

関連記事

タグ
アメリカ軍, 米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント