22:47 2021年09月20日
中東
短縮 URL
アフガニスタンのタリバン情勢 (145)
0 41
でフォローする

アフガニスタンでは、平等を求める女性たちのデモが行われているが、それとは反対に、アフガニスタンの新たなイスラム・システムや最近発表された男女共学の禁止を支持する数百人の女性が、カブール大学に終結した。参加者の女性1人が、ロシアのリア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

参加者らは、男女別学が教育環境にプラスの影響を与えることに期待している。また参加者らは、ヒジャブの着用も支持している。

アフガニスタンの政治家で元マイダンシャー市長のザリファ・ガファリ氏は、この動きに否定的な反応を示し、ツイッターに「これは私たちの文化ではない!アフガニスタンの女性たち​​は過激主義とは関係ない。彼らを野蛮人にしないでください。私たちにIS(イスラム国、ダーイシュ)の文化を押しつけないでください」と投稿した。

​イスラム主義勢力タリバンによる権力掌握後、アフガニスタンでは女性の権利が大きく損なわれた。タリバンは、アフガニスタンの女子学生たちに、全身と顔を覆い、男子とは別々に学ぶことを義務付けた。またアフガニスタンの女性たちは、スポーツも禁止された。一方、アフガニスタンでは、タリバンが権力を掌握する前から、女性の権利促進における後退が始まっていた。今年3月には、12歳以上の女子学生に対し、男性が参加するイベントで歌うことが禁じられた

現在、アフガニスタンの一部の女性​​たちは、自分たちの権利を守るためにデモを行っている。タリバンは先に女性の政府参加を呼びかけたが、平等を求める女性たちのデモの1つで催涙ガスを使用した。その後、女性たちは、自ら女性の入閣を求めてデモを行った。

関連ニュース

トピック
アフガニスタンのタリバン情勢 (145)
タグ
アフガニスタン, 抗議
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント