07:22 2017年03月28日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C

    オピニオン

    • ジョー・バイデン氏
      アップデート: 2017年03月27日 23:30
      2017年03月27日 23:30

      米副大統領と「ロシアのハッカー」

      筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

      欧米諸国では米仏大統領選挙、ドイツの議会選挙におけるロシアの介入について討論が交わされている。オランダでは「ロシアのハッカー」を危惧して、開票が手作業で行われた。また、ロシアでもちょうど1年後には大統領選挙が行われる。プーチン大統領も、外からの介入を危惧すべきなのだろうか?

      0 374
    • 日本は拉致被害者救出のため「進軍」を計画する価値があるか?
      アップデート: 2017年03月27日 08:22
      2017年03月27日 08:22

      日本は拉致被害者救出のため「進軍」を計画する価値があるか?

      筆者 ドミトリー ヴェルホトゥロフ

      北朝鮮の秘密工作員による日本市民の拉致問題は、今年初め、全く意外な側から突然提起された。もしその目的が拉致被害者救出である場合は、北朝鮮に自衛隊を派遣すべきだとの意見が、日本の世論の一部から出されたのだ。

      1663
    • 米国が核不拡散条約を危機にさらす?
      アップデート: 2017年03月25日 21:49
      2017年03月25日 21:49

      米国が核不拡散条約を危機にさらす?

      筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

      極東諸国を歴訪中のレックス・ティラーソン米国務長官が、日本と韓国が核保有国になる状態が起こり得ることをほのめかした。ティラーソン氏は米メディアIndependent Journal Review (IJR)のインタビューで、北朝鮮の核計画に関する政策議論について語り、「相互抑止の観点から、私たちがこれを検討しなくてはならなくなるところまで状況が悪化する可能性がある」と述べた。

      3711
    • 宮崎キャビア1983
      アップデート: 2017年03月25日 11:46
      2017年03月25日 11:46

      元祖ロシア産キャビアVS美と手仕事の宮崎産キャビア、食の頂上対決 【写真・動画】

      筆者 徳山 あすか

      ここロシアでもキャビアが超高級食材になって久しい。ソ連崩壊後の乱獲・密漁によりキャビアの親であるチョウザメは激減し、キャビアの生産は現在も国家の規制対象になっている。キャビアの製造販売を行っているのは、「ディアナ」や「ラスカート」「ヤロスラフスキー」など、ほんの数社だ。ディアナ社は「ロシアン・キャビアハウス」というブランドで海外への輸出を行っている。

      21012
    • 最も必要な時に日本にやって来たロシア製線量計「ソエクス」
      アップデート: 2017年03月24日 22:18
      2017年03月24日 22:18

      最も必要な時に日本にやって来たロシア製線量計「ソエクス」

      筆者 リュドミラ サーキャン

      日本の研究者らは、福島第一原子力発電所から半径60キロ以内の市町村の住民の故郷帰還が、彼らの健康に危険を及ぼすことはないと確信している。福島県立医科大学放射線災害医療センターのスタッフ、 宮崎 真(みやざきまこと)氏と東京大学の早野龍五(はやのりゅうご)氏は、そうした研究結果を「Journal of Radiological Protection(放射線防護ジャーナル)」に発表した。

      12478
    • トランプ米大統領へのイヴァンカさんの影響力は本当に大きいのか?
      アップデート: 2017年03月24日 19:54
      2017年03月24日 19:54

      トランプ米大統領へのイヴァンカさんの影響力は本当に大きいのか?

      筆者 タチヤナ フロニ

      米国のトランプ大統領の長女イヴァンカさんの意見は、米国の指導者にとって決して少なくない影響力を持っている。すでに知られているように、彼女はホワイトハウスに自分の席を得ることになる。公式的な国家的役職ではなく給料も受け取らないが、イヴァンカさんは、幅広い諸問題に関し父のアドバイスをすることになるだろう。雑誌Politicoは、そう伝えている。

      11429
    • 英米飛行機の電子機器の機内持ち込み禁止の危険性は?
      アップデート: 2017年03月24日 12:22
      2017年03月24日 12:22

      英米飛行機の電子機器の機内持ち込み禁止の危険性は?

      米国に続き、英国も電子機器の機内持ち込みを禁じた。持ち込み禁止は、トルコ、レバノン、エジプト、サウジアラビア、ヨルダン、チュニジアの6カ国から英国に向かう便の、長さ16.0cm×幅9.3cm×厚さ1.5cm以上の電子機器が対象となる。預け荷物に入れれば搭乗は可能。禁止は安全保障対策によるものだが、どれほど乗客に対して倫理的で、経済的に正当化されるものなのか?

      1165
    • 露日の相互信頼醸成は中国にとって脅威となる要素か?
      アップデート: 2017年03月24日 11:24
      2017年03月24日 11:24

      露日の相互信頼醸成は中国にとって脅威となる要素か?

      筆者 タチヤナ フロニ

      露日両政府は、クリミアがロシアに再統合されてから初の「2+2」のフォーマットでの外相・国防担当相協議を行った。会合の過程で、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、両国軍人間の協力停止が、何人にとっても益をもたらさなかった点を認め、ロシアは日本との軍事交流復活に向け用意のあることを明らかにした。

      3296
    • 色々な種類のカルバサ
      アップデート: 2017年03月24日 09:01
      2017年03月24日 09:01

      ロシアの肉が日本で手軽に食べられる日は来るか?

      筆者 徳山 あすか

      ロシア農業監督庁が発表したところによると、現在日本の農林水産省の担当者らがロシアに滞在しており、ロシアの鶏肉生産システムを視察し、ロシアからの鶏肉が日本へ入ってきた場合のリスクについて評価する予定だという。

      6986
    • クリル諸島
      アップデート: 2017年03月24日 07:40
      2017年03月24日 07:40

      クリルの元島民「プーチン大統領は我々の心を理解してくれたと思う」

      筆者 徳山 あすか, リュドミラ サーキャン

      昨年12月の日露首脳会談でも、今月20日の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)でも話題に上ったテーマ、それはクリル(日本で言うところの北方領土)に住んでいた日本人の、故郷への往来についてである。

      4771
    • なぜ日本人は反テロ法に横断幕を持って街頭に出るまで反対するのか?
      アップデート: 2017年03月23日 22:04
      2017年03月23日 22:04

      なぜ日本人は反テロ法に横断幕を持って街頭に出るまで反対するのか?

      筆者 タチヤナ フロニ

      21日、東京の総理大臣官邸前で「テロ等準備罪」を新設する法案が閣議決定されたことに反対する抗議行動が行われた。NHKの報道によれば、この抗議行動には、およそ300人が参加した。人々は手に「共謀罪の新設反対」と書かれた横断幕を持ち「閣議決定、絶対反対」のスローガンを口々に叫んだ。

      133758
    • 休む?休まない?日本人は休暇をとることに罪悪感を感じている
      アップデート: 2017年03月23日 19:43
      2017年03月23日 19:43

      休む?休まない?日本人は休暇をとることに罪悪感を感じている

      筆者 タチヤナ フロニ

      59%の日本人が有給休暇をとることに罪悪感を感じている。アジア最大の旅行会社Expediaが行った「26ヶ国の有給休暇に関する国際統計調査」でこのような結果が得られた。この珍しいランキングで日本人より上位に付けたのは韓国人だけであった:韓国人は69%が有給休暇を取るときに不安や罪悪感を感じている。

      1268
    • エカテリンブルグ
      アップデート: 2017年03月23日 17:25
      2017年03月23日 17:25

      エカテリンブルグ国際産業見本市2017でのジャパン・ベネフィット

      筆者 リュドミラ サーキャン

      日本は、ウラルの中心都市エカテリンブルグで7月10日から13日まで開かれる毎年恒例の国際産業見本市「インノプロム」にパートナー国として参加する。この見本市は2010年から行われ、今年ですでに8回目を数える。今回のテーマは「賢い生産。グローバル・アプローチ」だ。

      0 299
    • 正恩氏の近親者は身の危険に晒されているか
      アップデート: 2017年03月22日 10:48
      2017年03月22日 10:48

      正恩氏の近親者は身の危険に晒されているか

      筆者 リュドミラ サーキャン

      クアラルンプール空港で殺害された金正男氏の死体がマレーシアの遺体安置所でアルコール漬けで横たわっているこの1月以上の間に、殺害をめぐるヒストリーは展開し続けている。

      北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏マレーシアで殺害される
      4496
    • 商談中、ベテラン通訳は何を考えているのか?日露メンタリティの見えない壁
      アップデート: 2017年03月21日 09:02
      2017年03月21日 09:02

      商談中、ベテラン通訳は何を考えているのか?日露メンタリティの見えない壁

      筆者 徳山 あすか

      先月、日本センターの主催で、講師に伊藤忠商事モスクワ事務所のドミトリー・ヴォロンツォフさんを招き、通訳講座「経済・ビジネス分野における露日口頭通訳の実践」が開催された。会場には現役の通訳やその卵、日本企業に勤務する人などがつめかけ、皆真剣に聴き入っていた。

      11742
    • 露日外務・防衛担当閣僚協議 抗議の出し合いも顔合わせ皆無よりまし
      アップデート: 2017年03月20日 23:42
      2017年03月20日 23:42

      露日外務・防衛担当閣僚協議 抗議の出し合いも顔合わせ皆無よりまし

      筆者 リュドミラ サーキャン

      3月20日、21日と東京では露日の外相、国防相らによる協議が実施。ラヴロフ外相は岸田外相と、ショイグ国防相は稲田防衛大臣とそれぞれ会談を行っている。

      露日「2+2」協議
      11141
    • 米国はイラクでできなかったことを北朝鮮でできるのか?
      アップデート: 2017年03月20日 22:54
      2017年03月20日 22:54

      米国はイラクでできなかったことを北朝鮮でできるのか?

      筆者 ドミトリー ヴェルホトゥロフ

      米国は自国の対北朝鮮政策をどうやら真剣に見直す準備をしている。ティラーソン米国務長官は訪日中に、「北朝鮮を交渉の席につかせる過去20年間の外交的努力は失敗したと理解することが重要だと考える」と述べた。

      21157
    • 露当局 ソーシャルネット上で広がる「自殺教唆グループ」との戦いを開始
      アップデート: 2017年03月19日 20:16
      2017年03月19日 20:16

      露当局 ソーシャルネット上で広がる「自殺教唆グループ」との戦いを開始

      筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

      ロシア国内では、ティーンエージャーに自殺を教唆するソーシャルネットワーク 「グルッパ・スメルチ(死の集団)」との戦いが展開されている。この問題は、先月2月にプーチン大統領が、十代の青少年の自殺防止に向けた措置を作成するようロシア政府に求める委任状を出したほど尖鋭化してしまっている。一方3月9日、ロシア下院・国家会議には、ソーシャルネット上で子供達の自殺を教唆する行為に対し責任を重く厳しいものとする法案が提出された。もしこの法案が通れば、子供達を「遠隔操作により殺した者達」は、最高12年までの自由剥奪刑を受けることとなる。

      3752
    • ふんどし姿の内記さん
      アップデート: 2017年03月18日 10:33
      2017年03月18日 10:33

      世界一寒い大冒険:オイミャコンで感じた、自然と共存する素晴らしさ【写真】

      筆者 徳山 あすか

      人が住んでいる場所の中で最も寒い場所は、ロシア連邦サハ共和国にある、オイミャコン村だと言われている。オイミャコンの最低気温の記録はマイナス71,2 度で、人口は900人を少し超える位である。極寒地にロマンを感じてオイミャコンを訪れる人は後を絶たず、日本人も例外ではない。

      2712
    • 露中に対する米国の予防核攻撃:現実か、あるいは幻想か?
      アップデート: 2017年03月17日 21:42
      2017年03月17日 21:42

      露中に対する米国の予防核攻撃:現実か、あるいは幻想か?

      筆者 タチヤナ フロニ

      米国の専門家らは、米国が予防核攻撃を実施する可能性が急激に高まっていると語った。これは、雑誌Bulletin of the Atomic Scientists(原子力科学者会報)に発表された論文「いかにして米国の核戦力近代化は、戦略的安定を台無しにするか」の中で述べられているものだ。

      61163