22:51 2017年02月25日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C

    オピニオン

    • ブリヌィ
      アップデート: 2017年02月24日 20:49
      2017年02月24日 20:49

      京都で初めてのマスレニツァ

      筆者 リュドミラ サーキャン

      冬に終わりを告げる、最も派手なロシアの国民的祝祭「マスレニツァ」が2月25日、京都で初めて、京都市左京区の国際交流会館で開催される。

      11390
    • 日本の国連大使からもお悔やみ:熟練外交官だったチュルキン氏
      アップデート: 2017年02月24日 18:46
      2017年02月24日 18:46

      日本の国連大使からもお悔やみ:熟練外交官だったチュルキン氏

      筆者 徳山 あすか

      20日、64歳の若さで、ニューヨークで急逝したロシア国連大使のヴィタリー・チュルキン氏。21日には65歳の誕生日を迎えるはずだった。ロシアで人気のある外交官だった彼の突然の死に、ロシアはこのニュース一色となり、悲しみに包まれた。チュルキン氏の遺体は昨日モスクワに到着し、今日24日、モスクワで葬儀が行われている。これより前にニューヨークで行われたお別れの会には、300人以上が集まった。

      2448
    • ドクターヘリ
      アップデート: 2017年02月23日 06:37
      2017年02月23日 06:37

      ロシアの若手医師、日本のドクターヘリに乗ってみた

      筆者 徳山 あすか

      日露青年交流センターは、1月末から2月にかけて、筑波大学・新潟大学との共催で、ロシアの全国各地から集まった若手医師20名を日本に招聘した。一行は茨城県と新潟県の医療施設を訪問し、地域医療の現場で働く医療関係者と交流した。

      11347
    • トランプ氏 金正恩氏と共にハンバーガーを頬張るか?
      アップデート: 2017年02月22日 19:03
      2017年02月22日 19:03

      トランプ氏 金正恩氏と共にハンバーガーを頬張るか?

      筆者 タチヤナ フロニ

      今週、マスコミは朝鮮民主主義人民共和国と米国が米国において北朝鮮の高官と米国の元役人らの会合を持つ件で交渉を行っている事実をキャッチした。ワシントンポスト紙が消息筋からの情報として報じた。ワシントンポスト紙はこうした会合が米国領内で行われるのは実に5年ぶりと指摘している。

      2671
    • 2017年、世界は変わるかもしれない
      アップデート: 2017年02月22日 16:44
      2017年02月22日 16:44

      2017年、世界は変わるかもしれない

      筆者 リュドミラ サーキャン

      2016年に端を発した流れの多くは、今年も国際情勢に大きな影響を与えながら続いていく。米国ではトランプ大統領が大統領としての一歩を踏み出し、英国はEU離脱プロセスを開始させ、欧州では複数の国が選挙を控えている。中国は米国のTPP脱退をうまく利用しようと試み、日本は対米関係発展の新たなベクトルを選択して対露関係を活性化している。

      43388
    • 日本の愛国的気運は2020年東京五輪開催に向けマイネスイメージになるのでは?
      アップデート: 2017年02月22日 12:10
      2017年02月22日 12:10

      ナショナリズムが高まる予兆?アパホテル書籍は東京五輪に影響するか

      筆者 リュドミラ サーキャン

      日本を代表するホテル・チェーン、アパホテルの元谷外志雄代表の行動は、国際的なスキャンダルとなったが、こうした愛国的態度は、2020年の夏季五輪開催国としての日本のイメージを傷つける可能性があった。このスキャンダルは、アパホテルの客室に、同ホテル・チェーンの創始者で社会活動家である氏の著作がもれなく置かれていたことから、火が付いたものだ。元谷氏は愛国的な思想の持ち主で、自著の中で、1937年の南京虐殺の事実を否定している。

      2684
    • 酒ソムリエの菊谷なつきさん
      アップデート: 2017年02月21日 21:01
      2017年02月21日 21:01

      日本酒で酔いたいロシア人、テイスティングに挑戦

      筆者 徳山 あすか

      今月、モスクワでは日本の食や飲み物をアピールするイベントが随所で開催された。3日には日本食材セミナーの同時開催企画として、日本センター主催の「日本酒セミナー(食事を豊かにするお酒『日本酒』、そのバリエーションと使い方)」が開かれた。

      2880
    • ジゼル
      アップデート: 2017年02月21日 09:34
      2017年02月21日 09:34

      今年、ボリショイ・バレエを日本で観るべき3つの理由 【写真】

      筆者 徳山 あすか

      2017年、ロシアが誇る世界最高峰のバレエ団「ボリショイ・バレエ」は初の来日公演から60周年を迎える。17日、ボリショイ劇場にて記者会見が行われ、記念すべき今年の日本公演の詳細が発表された。ジャパン・アーツおよび朝日新聞社の主催で、全国5会場で15公演が予定されている。スプートニクは、本公演を見逃して欲しくない理由を、演目、キャスト、チケット価格の3点から解説する。

      12510
    • ロマノフ王朝最後の皇帝一家
      アップデート: 2017年02月20日 20:42
      2017年02月20日 20:42

      露日戦争からロシア革命まで

      筆者 リュドミラ サーキャン

      東京・駒込にある東洋文庫ミュージアムで、今年が1917年のロシアでの2つの革命勃発100周年にあたっていることから「ロマノフ王朝展:日本人の見たロシア、ロシア人の見た日本」が開かれている。展示品の数々は、日本との相互関係の観点からロマノフ帝国の勃興と凋落を物語るものだ。

      21121
    • 築地市場は移転するのか残るのか?
      アップデート: 2017年02月19日 21:44
      2017年02月19日 21:44

      築地市場は移転するのか残るのか?

      筆者 ドミトリー ヴェルホトゥロフ

      3月に、日本国内ばかりでなく、世界的にもその名が知られた東京最大の公設卸売市場、築地市場の運命が決まるかもしれない。つまり市場は、歴史的な場所である今の築地から、新しい場所、かつて東京ガスの工場があった豊洲に移転するかどうかが、はっきりするという事だ。当初移転は、2016年11月に予定されていた。

      2871
    • トランプ氏の反イラン政策 ロシア-イラン-中国枢軸の強化を招く恐れ
      アップデート: 2017年02月18日 08:44
      2017年02月18日 08:44

      トランプ氏の反イラン政策 ロシア-イラン-中国枢軸の強化を招く恐れ

      筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

      イランは米新政権の下で再び米国の主たる敵になりつつある。一方でトランプ氏がさかんに行う反イラン政策は米国の対露、対中関係にも影響を及ぼす懸念がある。

      61430
    • 京都
      アップデート: 2017年02月17日 19:27
      2017年02月17日 19:27

      ロシア人の日本旅行、ビザ緩和した途端に急増

      筆者 徳山 あすか

      16日、日本政府観光局(JNTO)モスクワ事務所のオープニングセレモニーが行われ、日系およびロシアの旅行会社の代表者ら、マスコミ関係者が多数集まった。

      63440
    • 天下りは汚職の温床なのか?
      アップデート: 2017年02月16日 23:43
      2017年02月16日 23:43

      天下りは汚職の温床なのか?

      筆者 タチヤナ フロニ

      2007年、日本政府は、天下りが汚職の温床であるとして、法改正による天下り根絶を試みた。しかし、最近になって2013年の内部文書の内容が公開された。そこには、今後も官僚OBの嶋貫和男氏が天下り制度を維持していけるよう、彼のために人員を派遣してほしいと記載されていた。

      5916
    • 金正男
      アップデート: 2017年02月16日 22:41
      2017年02月16日 22:41

      誰が、なぜ、金正男氏を殺害したのか?

      筆者 タチヤナ フロニ

      世界中のマスコミが、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の謎の死について議論している。メディアは、金正男氏殺害に関する驚くべき新たな詳細を次々と報じている。一方で金正男氏の突然の死の主な説は、北朝鮮の工作員が金正男氏を排除したというものだ。通信社「スプートニク」は、ロシアの朝鮮問題の専門家2人に、この謎の殺人について意見を聞いた。なお2人の意見は異なっていたが、これは驚くべきことではない。

      北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏マレーシアで殺害される
      52686
    • 芸術的な和牛
      アップデート: 2017年02月15日 21:32
      2017年02月15日 21:32

      牛肉か果物か、それともイモか?ロシア人が選ぶ日本の美味しいもの 【動画・写真】

      筆者 徳山 あすか

      モスクワでは、ロシア最大級の食品見本市「PROD EXPO2017」に合わせ、日本食材を総合的に発信するジャパンフード&ビバレッジウイークが開催された。本稿では、そのキックオフ企画「日本食材セミナーおよび交流レセプション」の模様をご紹介する。3日に在ロシア日本大使館で行われたこのイベントでは、日本のお茶、和牛、野菜や果物、その他の地方食材がPRされた。ロシアの食産業関係者は日本食材や日本食を楽しみ、その新たな魅力を知ることとなった。

      21279
    • 日本はアフガニスタンで自らの諸問題を解決している
      アップデート: 2017年02月15日 17:22
      2017年02月15日 17:22

      日本はアフガニスタンで自らの諸問題を解決している

      筆者 ドミトリー ヴェルホトゥロフ

      アフガニスタン南部ヘルマンド州で9日から10日にかけ、米軍を中心とした国際部隊がイスラム反政府勢力タリバーンの陣地を標的に空爆を行ったが、その結果、少なくとも一般市民18人が死亡した。国連はまだ、実際どこの国の飛行機が空爆し、こうした悲劇を引き起こしたか特定できていない。

      21019
    • チョコレート
      アップデート: 2017年02月14日 23:03
      2017年02月14日 23:03

      バレンタインに好きな人へチョコレートを贈る事を日本人に教えたのはロシア人?【写真・動画】

      筆者 タチヤナ フロニ

      2月14日のバレンタインデー、欧州やアジアの多くの国々では、この日、愛する人に贈り物、特にチョコレートプレゼントするのが、一つの習慣となっている。チョコレート店やスイーツショップは、この日を前に、愛する人に皆が何か自分の気に入ったプレゼントができるよう、様々な種類の趣向を凝らした、たくさんのチョコレートでいっぱいになる。

      0 551
    • モスクワで唯一のラブホに潜入取材!人気の秘密を大公開
      アップデート: 2017年02月14日 20:52
      2017年02月14日 20:52

      モスクワで唯一のラブホに潜入取材!人気の秘密を大公開 【動画・写真】

      筆者 徳山 あすか

      バレンタインデーにちなみ、スプートニクはロマンチックな特別企画をお届けする。日本では数万軒あると言われており、カップルのデート先としても定着(?)しているラブホテルだが、なんとモスクワにもラブホテルがあった。その名も「ラブホテル・パドゥーシキン」である。名前の由来は「パドゥーシカ」(ロシア語で枕という意味)からきている。

      22020
    • 北朝鮮の弾道ミサイル「北極星2号」はTHAADを突破できるか?
      アップデート: 2017年02月14日 00:48
      2017年02月14日 00:48

      北朝鮮の弾道ミサイル「北極星2号」はTHAADを突破できるか?

      筆者 ドミトリー ヴェルホトゥロフ

      今年2月12日、朝7時55分、朝鮮民主主義人民共和国は「北極星2号(Pukguksong-2)」タイプの新型地対地中距離弾道ミサイル発射実験を行った。ミサイルは約500キロ飛行し、日本海上に落下した。米国、日本そして韓国は、この実験を激しく非難し、ロシアと中国も抑えた調子ながら非難する立場を取った。しかし、今回の打ち上げは。全く別の状況により注目すべきものとなっている。

      韓国領内への米ミサイル防衛システム THAADの配備
      21789
    • 安倍首相は日本にとって新たな米国を切り開くか? 訪米を総括して
      アップデート: 2017年02月13日 23:07
      2017年02月13日 23:07

      安倍首相は日本にとって新たな米国を切り開くか? 訪米を総括して

      筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

      選挙戦のおりのショッキングな発言の数々にもかかわらず、米国のトランプ新大統領のアジア太平洋地域での政策は、今のところ、前任者のオバマ氏の方針から全く逸脱していない。この事は、今回の日本の安倍首相の米国訪問を振り返っても、よく分かる。

      「歴史的」となるか? 2月10日の安倍・トランプ会談
      3743