20:19 2019年04月25日

オピニオン

  • 平林勇監督
    アップデート: 2019年04月25日 00:40
    2019年04月25日 00:40

    平林勇監督インタビュー:初長編「Shell and Joint」モスクワ国際映画祭で上映、監督の「好き」がつまった作品

    筆者 徳山 あすか

    世界四大映画祭のひとつ、モスクワ国際映画祭が開催中だ。第41回を迎えるこの映画祭に初めて招待されたのは、テレビやCMの演出など、多方面で活躍する平林勇(ひらばやし・いさむ)監督だ。平林監督は、短編映画を得意とし、カンヌ、ベネチア、ベルリン、ロカルノといった数々の著名な国際映画祭で高い評価を受けてきた。今回の招待作品「Shell and Joint」は、カプセルホテルを舞台に様々に展開される人生の断片を描いたもので、平林監督にとって初の長編映画である。スプートニクは、モスクワを訪れた平林監督に話を聞いた。

  • スリランカ
    アップデート: 2019年04月23日 22:13
    2019年04月23日 22:13

    スリランカ 誰がなぜ教会を爆破?

    スリランカ同時多発テロによる死者数は増える一方だ。現時点で死者310人、負傷者も480人に上った。すでに40人の容疑者が逮捕されている。なぜこれだけ多発の残酷な攻撃を事前に食い止めることができなかったのだろうか? 争いごともしない一般のキリスト教徒がどうして攻撃の対象になったのだろうか? スプートニクは専門家らとともに状況分析に取り組んでみた。

    スリランカで爆発
  • シェイクスピア
    アップデート: 2019年04月23日 17:55
    2019年04月23日 17:55

    なぜシェイクスピアは世界史上最も謎めいた人物と呼ばれるのか 奇なる10の事実

    4月23日は、ウィリアム・シェイクスピアの誕生日であり命日。シェイクスピアは言わずと知れた英国の国民的な英雄であり、世界でもっとも優れた劇作家の1人である。その作品は世界中で翻訳がされており、時を経てもシェイクスピアの人気が衰えることはない。映画や舞台のスターたちは、人生で1度はシェイクスピアの作品で演じることを夢見ている。一方で研究者たちの間では、シェイクスピアの文学的な名作はすべてが彼自身の筆によるものなのか、それともシェイクスピアの名を騙る別の人物が創作したのかといった論争が未だに続けられている。偉大な作家の経歴からいくつかのミステリアスな事実について、みなさんにご紹介しましょう。

  • 「睡眠カフェ」
    アップデート: 2019年04月23日 07:00
    2019年04月23日 07:00

    コーヒーを飲んで、寝る:ホテル業界の競争に「睡眠カフェ」が参加?【写真】

    筆者 アナスタシア フェドトワ

    3月、「ネスカフェ 睡眠カフェ」が常設店舗として東京都品川区大井町にオープンした。このカフェ、開業わずか1ヶ月で大きく脚光を浴びている。なぜなら1杯のコーヒーでリラックスできるだけではなく、なんと睡眠をとることもできるからだ。「スプートニク」の記者は「ネスカフェ 睡眠カフェ」を取材し、実際にコーヒーを味わい、ベッドに寝てみた結果、良質な睡眠をとるカフェとして適しているかどうか、検証してみた。

  • アップデート: 2019年04月22日 21:19
    2019年04月22日 21:19

    「批判には笑顔で応えて忘れるのがいちばん」 『ロリータ』作者のナボコフ生誕120周年

    筆者 リュドミラ サーキャン

    ナボコフは4年連続でノーベル文学賞候補になった。作品は今でも読み継がれ、議論され、有名な映画監督が作品を基に映画を撮影し、文学者は飽きること無くナボコフの作品と人生に新たな発見を探している。

  • アップデート: 2019年04月21日 19:15
    2019年04月21日 19:15

    ウラジオストクを理想の街に! マスタープラン実現に向け、プロジェクト・オフィス開設へ

    筆者 徳山 あすか

    16日、日本の大手設計事務所「日建設計」は、ロシア・沿海地方のオレグ・コジェミャコ知事に、ウラジオストクの再開発の指針となる「マスタープラン」のプレゼンテーションを行った。日建設計は、ロシア政府の関連機関「住宅信用担保機構」(AHML)の傘下である住宅統一開発研究財団から委託を受け、ウラジオストクの再開発プランの策定に取り組んできた。ロシアの「東の首都」であるウラジオストクの再開発には、国としても大きな期待をかけている。

  • 阿蘇山
    アップデート: 2019年04月19日 22:50
    2019年04月19日 22:50

    阿蘇山、地震の予兆?

    筆者 タチヤナ フロニ

    熊本県にある阿蘇山が1週間で2度噴火した。世界最大級の火山である阿蘇山の標高は1592メートル。スプートニクはロシアの火山学者、アレクセイ・リュブシン氏にインタビューし、大規模な噴火とそれに続く地震のリスクをたずねた。

  • 会見するSABU監督
    アップデート: 2019年04月19日 20:35
    2019年04月19日 20:35

    「jam」のSABU監督「タルコフスキーの国に来られて嬉しい」モスクワ国際映画祭開幕

    筆者 徳山 あすか

    18日、第41回モスクワ国際映画祭が開幕した。日本から参加する7作品中、唯一「主要コンペティション部門」にノミネートされた「jam」の報道関係者向け上映会が行なわれた。「jam」のSABU監督はロシアを初めて訪れ、記者団の質問に答えた。

  • リヒャルト・ゾルゲと石井花子。死だけが二人を分かつ
    アップデート: 2019年04月19日 18:50
    2019年04月19日 18:50

    リヒャルト・ゾルゲと石井花子。死だけが二人を分かつ

    筆者 リュドミラ サーキャン

    今週、ロシアでテレビドラマ「ゾルゲ」(全12話)の放送が終了した。第二次世界大戦の直前から戦時中にかけて、ドイツの新聞記者に扮して日本国内で活動したソ連の諜報員の話である。

  • 金正恩氏
    アップデート: 2019年04月18日 22:57
    2019年04月18日 22:57

    金正恩氏のロシア訪問期日が発表 首脳会談の行方に大きな関心

    筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

    4月18日、クレムリンのサイトに朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩朝鮮労働党委員長のロシア訪問のおおよその期日が明らかにされた。サイトには「プーチン大統領の招待により、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長がロシア連邦を4月後半に訪問する」と書かれた。これに先立ってマスコミには両首脳の会談実施に関する非公式的な報道が流され、会談の正確な期日が明かされる、はるか前の段階で首脳会談の狙いが取りざたされていた。

  • エリザベータ・トゥクタミシェワ選手
    アップデート: 2019年04月18日 22:00
    2019年04月18日 22:00

    「日本では家族同然だった」トゥクタミシェワ、宮原との友情と紀平とのお近づき失敗の理由を語る

    筆者 タチヤナ フロニ

    福岡市で開催されたフィギュアスケート国別対抗戦でエリザベータ・トゥクタミシェワ選手(ロシア)は自らの演技で、16歳選手のみが女子シングルを制するという今年の潮流を見事に打ち破った。対抗戦でトゥクタミシェワ選手(22)は、昨日までジュニアだった選手に対する最強のライバルたり得ることを示した。ショートプログラム(SP)で2位、フリーでは1位となり、自己最高記録を叩き出した。 

  • 日本映画「jam」
    アップデート: 2019年04月17日 22:31
    2019年04月17日 22:31

    モスクワ国際映画祭18日から開幕、日本映画「jam」など7作品上映

    筆者 徳山 あすか

    4月18日から25日まで第41回モスクワ国際映画祭が開催される。この映画祭は世界四大映画祭のひとつで、新藤兼人監督や黒澤明監督の時代から、伝統的に日本の映画が高く評価されてきた。今年は7本もの日本映画が上映されるという「大豊作」の年である。

  • パリのノートルダム大聖堂で大きな火災
    アップデート: 2019年04月17日 20:45
    2019年04月17日 20:45

    天からのお告げか、それとも許しがたい職務怠慢か?ノートルダム大聖堂の火災をめぐる疑問の数々にスプートニクが回答

    4月15日の夜に起こった世界的に有名な建造物、ノートルダム大聖堂の火災は、パリっ子だけではなく、世界中の人にとって衝撃の出来事だった。何百万という人々がこの悲劇の行方を生放送で見守り、大聖堂の尖塔が崩壊した瞬間を目撃した。フランス内外では、まだ火の手がおさまらないうちから、火事の原因や、ノートルダム大聖堂が今後どうなってしまうのかについて議論が交わされている。大聖堂の運命、そしてこの悲劇の原因について、本稿をお読みいただこう。

    パリのノートルダム大聖堂で大きな火災
  •  F35-A
    アップデート: 2019年04月17日 18:51
    2019年04月17日 18:51

    F35は戦闘機か、「高価な軍事用玩具」か?

    筆者 タチヤナ フロニ

    日本の岩屋毅防衛大臣は消息を絶った航空自衛隊のF35A機が墜落したことを明らかにした。現段階では搭乗していたパイロット(40)の捜査に全力が注がれている。製造されてわずか1年の機体が墜落した原因は未だに明らかにされていない。一方でこれから5年にわたって日本は米国から27機のF35Aを買い上げる計画であることははっきりしている。防衛省の公式サイトによれば、F35Aの価格は1機が116億円。この巨額な購入費がこれから日本の納税者の肩にのしかかってくる。

  • ノートルダム(2012年)
    アップデート: 2019年04月16日 23:02
    2019年04月16日 23:02

    歴史は見つめた ノートルダムは蘇る 大聖堂の7つの史実

    謎めいた一致だが、ノートルダム大聖堂が大火災に見舞われた日は、カトリック教会暦の受難週間の初日、聖月曜日だった。全世界のカトリック教徒は、今年2019年は4月21日にその日があたる復活祭に向けて準備を行っている。このため、最重要歴史建築物である寺院の火災を極めて不吉な兆候ととらえる人は多い。それでも建物の構造自体は残った。ということは復興の希望は残されているということではないだろうか。スプートニクはノートルダム大聖堂の歴史を振り返り、比類ない、その存在意義を検証してみたいと思う。なぜならこの大聖堂はあまたの動乱の時代を潜り抜け、様々な事件の歴史の証人となってきたからだ。  

    パリのノートルダム大聖堂で大きな火災
  • チャーリー・チャップリン、映画『黄金狂時代』
    アップデート: 2019年04月16日 18:40
    2019年04月16日 18:40

    チャーリー・チャップリン 「道化師であることはどの政治家よりも私を高く飛ぶ飛行機に乗せてくれる」

    130年前、ロンドンのミュージックホールの俳優一家に男の子が誕生した。今や「喜劇王」と呼ばれるチャールズ・スペンサー・チャップリン、その人だ。観客たちは、チャップリンが創作した「小さな放浪者=The Little Tramp」の姿を笑ったが、名優が演じるのがほぼ等身大の彼自身なのではないかと疑う人は少なかった。

  • アンドレイ・ラズキン
    アップデート: 2019年04月16日 17:04
    2019年04月16日 17:04

    「あれはすごかった!」アンドレイ・ラズキンが東京の印象と日本のファンに惚れ込んだことを語った

    筆者 タチヤナ フロニ

    福岡で世界フィギュアスケート国別対抗戦が閉幕した。今年のロシアの男子チームには、今年初めて世界選手権にデビューした21歳のアンドレイ・ラズキンが入った。つい最近まではエリザベータ・トゥクタミシェワのボーイフレンドとしか呼ばれていなかったが、昨シーズンは彼にとって飛躍の年となった。そのアンドレイ・ラズキンがスプートニクのインタビューで、東京の印象や、日本のファンに惚れ込んだことなどを語ってくれた。

  • 日本が法的に子どもへの体罰を禁止する
    アップデート: 2019年04月16日 06:08
    2019年04月16日 06:08

    日本が法的に子どもへの体罰を禁止する

    筆者 リュドミラ サーキャン

    日本国政府は児童虐待の防止に関する法律を改正した。未成年者に対する体罰の禁止は、保護者、ソーシャルワーカー、教師のすべてに適用される。政府はまた、児童虐待に対する刑事罰も強化しようとしている。

  • 杉山文野さん
    アップデート: 2019年04月15日 22:35
    2019年04月15日 22:35

    必要な措置か、それとも野蛮か? なぜ日本は性別変更に去勢手術を求めるのか

    筆者 アナスタシア フェドトワ

    今年に入ってから世界のメディアは、性別変更の際に性別適合手術(去勢手術)をすることを求める日本の法律に警鐘を鳴らし続けている。今年の1月、世間の注目を集めたのは、臼井崇来人(たかきーと)さんの一件である。臼井さんは戸籍上は女性だが、「生殖能力がないことを性別変更の要件する性同一性障害特例法の規定は、憲法13条に反している」として、最高裁に特別抗告を申し立てていたのだが、棄却された。

  • トランプ氏は第3回米朝会談に意欲
    アップデート: 2019年04月15日 21:07
    2019年04月15日 21:07

    北朝鮮、制裁に打撃とけん制 トランプ氏は第3回米朝会談に意欲 これが意味するところは?

    筆者 リュドミラ サーキャン

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日、自立経済に意欲を示すとともに、対朝制裁に対し打撃を与えるべきだとけん制した。この表明の翌11日、米韓首脳会談が開かれ、トランプ米大統領は第3回米朝首脳会談への意欲を見せる一方で、制裁解除は不適切だとの認識を示した。スプートニクは複雑な状況の解説を求め、朝鮮に詳しいコンスタンチン・アスモロフ氏にインタビューした。