17:49 2018年12月12日

オピニオン

  • 日本、人口高齢化と人手不足による悪影響を未然に防ぐため、改革を実行へ
    アップデート: 2018年12月11日 22:45
    2018年12月11日 22:45

    日本、人口高齢化と人手不足による悪影響を未然に防ぐため、改革を実行へ

    筆者 タチヤナ フロニ

    日本経済は高齢化により40年で25%縮小する。このような警告がこのテーマを扱った国際通貨基金の報告書に記された。日本は、女性と高齢者の労働力の利用拡大を謳った改革とより積極的な外国人労働者の誘致で、この状況を打開することができるのだろうか?

  • パトリオットミサイル
    アップデート: 2018年12月11日 21:26
    2018年12月11日 21:26

    露日の平和条約締結交渉に影響する新たな要素 日本人軍事専門家の見解

    筆者 アナスタシア フェドトワ

    12月8日、防衛研究所、地域研究部の兵頭慎治部長は、外国のプレス向けのブリーフィングで日露間の平和条約締結交渉について、新たな問題要素が加わりつつあると述べ、この要素をずばり、「来年にも中距離核戦力条約、いわゆるINFが失効する可能性」だと指摘した。

  • 山口恵都さん
    アップデート: 2018年12月11日 17:52
    2018年12月11日 17:52

    「ロシアにいたい気持ちが強いです」 日本人アーティストのインタビュー

    筆者 リュドミラ サーキャン

    ほぼ6年間、サンクトペテルブルグ絵画アカデミーのグラフィック学部で学び続けている日本人学生がいる。山口恵都さんだ。彼女はアカデミーのセミョーン・ミハイロフスキー学長の呼びかけに応じて、東北大学に通っていた仙台市からやってきた。ミハイロフスキー学長は2011年、震災と福島原発事故の発生を受けて、被災地域の学生を無償でアカデミーに受け入れる用意があることを日本の領事を通じて発表したのだ。

  • 鳥羽咲音さん
    アップデート: 2018年12月10日 21:02
    2018年12月10日 21:02

    若い日本人がモスクワの音楽コンクールで 卓越した演奏を見せ、審査員を驚かせた

    筆者 リュドミラ サーキャン

    モスクワで開催されている若い音楽家のための国際クラシック音楽コンクール「シェルクンチク(くるみ割り人形)」で、2人の日本人の女の子とロシア人の男の子1人がファイナルに進んだ。このコンクールには、8歳から15歳の子どもたち48人が12ヶ国から出場している。コンクールは今回が19回目で、ピアノ、弦楽器、管楽器・打楽器の3部門で構成されている。コンクールの全ステージがテレビチャンネル「文化」で中継放送されることから、ロシア国内ではとても人気のあるコンクールだ。

  • 紀平梨花選手
    アップデート: 2018年12月10日 19:56
    2018年12月10日 19:56

    「戦いは始まったばかり」 著名なフィギュアスケート関係者がGPファイナル2018にコメント

    筆者 タチヤナ フロニ

    カナダのバンクーバーで開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルの女子シングルは、ファンの期待を裏切らなかった。主役のアリーナ・ザギトワと紀平梨花は、それぞれのプログラムの難易度と演技の美しさでファンたちを喜ばせた。だがスポーツには勝者と敗者が存在する。優勝したのは、シーズン初めに見事なトリプルアクセルを武器に持って津波のごとくシニアの世界に入った16歳の紀平選手。通信社スプートニクは、著名な元フィギュアスケート選手やコーチなどに、グランプリファイナルの印象や、若い選手たちの今後の展望について話を聞いた。

    フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会
  • ガソリン
    アップデート: 2018年12月08日 12:06
    2018年12月08日 12:06

    ロシアは世界銀行の原油価格見通しを信じない?

    世界銀行は、次の3年間のブレント原油の平均価格を1バレル=71ドル(約8千円)とする見通しを発表した。その根拠に、原油市場を過熱させる要因が全て無くなり、価格が安定するとの見方を挙げた。一方、ロシアの経済発展計画では1バレル=50〜55ドル(約5700〜6千円)だと予測している。見通しの差は何に由来しているのか?

  • 東京音楽大学デー
    アップデート: 2018年12月08日 10:04
    2018年12月08日 10:04

    モスクワの音楽祭「日本の心」で東京音楽大学デー、現代日本の音楽言語を紹介

    筆者 徳山 あすか

    6日、チャイコフスキー記念モスクワ音楽院・ラフマニノフホールにて、東京音楽大学の講師および在学生によるコンサート「日本の心、今」が開催され、聴衆の温かい歓迎を受けた。このコンサートは今年で20周年を迎える音楽祭「日本の心」の一環として行なわれたもので、東京音楽大学が参画するのは初めてだ。

  • アルメニア北部のスピタク
    アップデート: 2018年12月08日 08:02
    2018年12月08日 08:02

    チェルノブイリ事故より恐ろしい 30年前、アルメニアで20世紀最大級の地震が起きた

    アルメニア北部の小さな町、スピタクは大きな悲劇で知られている。スピタク市や周辺の村町の墓地では、1988年12月7日という同じ死亡日が刻まれた長い列の墓に気づく。この日に起きたことは、2万5千人の命を奪った壊滅的な地震だ。14万人が障害を負い、50万人が家を失った。地震はスピタクを完全に壊滅させ、アルメニア第2の大きさを持つ町、 レニナカン(現ギュムリ)の80%が壊滅した。この出来事はソ連国内外の人々に衝撃を与えた。

  • 考えている女性(アーカイブ写真)
    アップデート: 2018年12月07日 22:42
    2018年12月07日 22:42

    あなたの #人生で最も大切な二文字 は何? スプートニクも参加

    ご存知だろうか? 今、ツィッターの日本人ユーザーの間でハッシュタグ#人生で最も大切な二文字 がじわじわと浸透している。人生で最も大切にしているもの、しかもそれを二文字で表現したら何になるかと問われて、即答できるだろうか? たいていの人が考え込んでしまうに違いない。

  • 第1回ロシアフェス in 代々木公園
    アップデート: 2018年12月07日 20:28
    2018年12月07日 20:28

    第1回ロシアフェス in 代々木公園 日本人の感想は?【写真】

    筆者 アナスタシア フェドトワ

    東京・代々木公園で11月24、25両日、全ロシアファン待望のイベントが行われた。第1回ロシア文化・ストリートフードフェスティバルだ。スプートニクはイベントを訪れ、シャシリク(串焼き)の行列に並び、日本人がフェスティバルに満足したかを尋ねた。

  • 李相日氏の作品『怒り』
    アップデート: 2018年12月07日 12:03
    2018年12月07日 12:03

    日本の映画監督の李相日氏がモスクワで『怒り』を紹介

    筆者 リュドミラ サーキャン

    モスクワの第52回日本映画祭で最も不思議なゲストの一人となったのが李相日氏である。彼は朝鮮系の日本人映画監督だ。彼がロシアを訪れたのはこれが初めてで、ロシアの観客も彼の作品『怒り』を見るのは初めてだった。この映画は渡辺謙が主役のサンスペンス映画である。ロシアの観客にとって李相日氏が不思議な存在だったのは、ロシアでは日本の若い映画がほとんど知られていないからである。しかも民族的に日本人ではない監督の作品を見ることに好奇心をかき立てられた。

  • イリヤ・アベルブフ
    アップデート: 2018年12月06日 21:07
    2018年12月06日 21:07

    「これほど完全な感嘆は長らく経験しなかった」イリヤ・アベルブフ、日本フィギュア選手の演技の印象語る

    筆者 タチヤナ フロニ

    3プラス3。こうした単純な式が今季のフィギュアスケート女子のパワーバランスを特徴づける。2002年のソルトレイクシティ五輪フィギュア男子の銀メダル保持者、イリヤ・アベルブフ氏はそう指摘する。グランプリ(GP)の上位6名が争うファイナル開催前日、アベルブフ氏がスプートニクに語ったこととは…。

    フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会
  • ヴェルサイユ宮殿
    アップデート: 2018年12月06日 00:13
    2018年12月06日 00:13

    ベルばらの作者・池田理代子さん、ロシアでファンと対談「ロシア人は矛盾に満ちた神秘的な人々」

    筆者 徳山 あすか

    11月末から12月初めにかけて、「ベルサイユのばら」「オルフェウスの窓」「女帝エカテリーナ」などの作品で知られる漫画家の池田理代子さんがモスクワとサンクトペテルブルクを訪問し、大勢のファンと対談・交流した。イベントは第20回国際知的図書見本市non/fictionに合わせて実施され、国際交流基金がロシアの複数の団体とともに主催した。ソ連時代を含め池田さんがロシアを訪れるのは5回目。池田さんは「ここへ来るたび、ロシアの人々やロシアの文化がどんどん好きになる」と話した。

  • マリア・ソツコワ選手
    アップデート: 2018年12月05日 20:17
    2018年12月05日 20:17

    「紀平選手躍進の秘訣はとてもシンプル」フィギュアのマリア・ソツコワに聞く、グランプリファイナル大予想

    筆者 タチヤナ フロニ

    12 月6日、カナダでフィギュアスケートのグランプリファイナルが開幕する。女子シングルは、ロシアと日本の最高レベルの選手の戦いになる。昨シーズンでは、女子シングルといえば、エフゲニア・メドベージェワ選手とアリーナ・ザギトワ選手のライバル対決が話題で、その2人に割って入れるような選手はいなかったように思える。プログラムの技術レベルや、安定的な演技によって、2人は絶え間なく一位争いをしてきた。

  • プーチン大統領と安倍首相
    アップデート: 2018年12月04日 21:17
    2018年12月04日 21:17

    アルゼンチンG 20における日露首脳会談の総括:元ロシア外務次官「交渉加速の背景に中国の影が見え隠れ」と指摘

    筆者 リュドミラ サーキャン

    1日、アルゼンチンのブエノスアイレスで行なわれたG 20の枠内で、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の第24回目の首脳会談が行なわれた。会談は約30分で通訳のみが同席した。この会談の結果について、日露の専門家の見解をご紹介する。

  • 日露円卓会議「小さな故郷」開催:モスクワの有名な猫劇場の創設者、日本への愛を語る
    アップデート: 2018年12月04日 19:21
    2018年12月04日 19:21

    日露円卓会議「小さな故郷」開催:モスクワの有名な猫劇場の創設者、日本への愛を語る

    筆者 徳山 あすか

    11月29日、モスクワ市内の「民族の家」で、ロシアにおける日本年の一環で、「ロシアおよび日本の民族意識における小さな故郷の意義」をテーマにした円卓会議が開かれ、日本文化に造詣の深い人々やロシアを代表する東洋・日本学者らが参加した。

  • F-35戦闘機
    アップデート: 2018年12月03日 20:54
    2018年12月03日 20:54

    日本が満足する米F35戦闘機が台湾には適さない理由とは?

    日本は第5世代米戦闘爆撃機F35Aの100機購入計画に加え、共同通信によると、ヘリコプター搭載護衛艦「いづも」を改修してF35Bを導入、同艦で運用することも検討している。2026年までに自衛隊の近代化の一環で行う予定だ。

  • エノガストロノミー・フェスチバル
    アップデート: 2018年12月03日 19:24
    2018年12月03日 19:24

    行者ニンニクの粉とマスタードのチョコレート菓子 ロシアではボルシチ以外に何を食べているのか?

    筆者 アナスタシア フェドトワ

    11月27日と28日、ロシア・エノガストロノミー観光デーが東京のロシア大使館で開催された。ブリヤート共和国の代表、ザバイカルの古儀式派、ヴォルゴグラードの農業学者が日本人に郷土料理をふるまい、開発した最新の料理について語った。泡立てたハチミツとは何なのか、マスタード入りチョコレートを考案したのは誰なのか、ブリヌィとピロシキ以外にロシアで何を食べればいいのかスプートニクのルポをお読みいただきたい。

  • 日産のカルロス・ゴーン前会長(アーカイブ写真)
    アップデート: 2018年12月01日 12:06
    2018年12月01日 12:06

    日産スキャンダル 弁護士と記者に疑問が残った理由とは

    筆者 タチヤナ フロニ

    日産のカルロス・ゴーン前会長が有価証券報告書の虚偽記載の疑いで逮捕されたスキャンダルは、日本国内外のメディアの紙面を依然賑わしている。全ては単純だと思われた。法律に違反し、報いを受ける必要があると。だがこの事件は記者と専門家に大きな関心と疑問を呼び起こした。国家首脳すら介入の必要ありと考えた。マクロン仏大統領がゴーン容疑者逮捕について、アルゼンチン首都ブエノスアイレスでの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、安倍首相と直接協議したい意向を示したのだ。

  • 原油
    アップデート: 2018年12月01日 10:04
    2018年12月01日 10:04

    原油価格 100ドル対50ドル

    筆者 アンドレイ イルヤシェンコ

    原油価格は超ボラティリティ(変動率)期を迎えている。今秋、価格は乱高下している。このプロセスを始めたのは米国政府だが、どうやらブレーキをかける力は無いようだ。