01:42 2017年09月21日
東京+ 22°C
モスクワ+ 14°C

    オピニオン

    • トランプ米大統領
      アップデート: 2017年09月21日 00:02
      2017年09月21日 00:02

      国連改革はトランプ氏の大規模な政治的陰謀?

      筆者 タチヤナ フロニ

      トランプ米大統領は第72回国連総会の一般討論演説がはじまる前日の18日、国連改革について、有言実行の強い決意を再び示した。国連改革の必要性を訴えるトランプ大統領の主な論拠は、投資に見合った結果が出ていないというものだ。

      0 95
    • 骨の中のロックンロール
      アップデート: 2017年09月20日 20:28
      2017年09月20日 20:28

      骨の中のロックンロール

      筆者 リュドミラ サーキャン

      冷戦時代、禁止された音楽は、レントゲン写真の中に広まっていた。

      0 195
    • 抹茶や玉露などを紹介
      アップデート: 2017年09月19日 21:34
      2017年09月19日 21:34

      モスクワで食品見本市開催:和牛とお茶の芳しい香りにロシア人もうっとり!食で伝える日本文化【写真】

      筆者 徳山 あすか

      日本貿易振興機構(ジェトロ)は11日から14日にかけて、農林水産省「輸出総合サポートプロジェクト」事業の一環として、ロシア最大級の総合食品見本市「ワールドフード・モスクワ」にジャパンパビリオンを初出店した。パビリオンには日本企業7社が出品し、りんご、米、茶、牛肉、ハマチなどの売り込みを図った。

      0 405
    • 金正恩
      アップデート: 2017年09月19日 20:57
      2017年09月19日 20:57

      金正恩氏に狙われているオリンピック

      朝鮮半島情勢が緊迫を増す中、韓国は2018年に開催予定の平昌冬季五輪について、世間を安心させ、落ち着かせるための声明を表しているが、平昌五輪開催の確率は低くなる一方だ。北朝鮮はミサイル・核実験を放棄しようとはせず、米国は北朝鮮に対する予防攻撃を準備している。対話のために残された時間は非常に少なく、紛争がいつ始まってもおかしくない状況だ。韓国当局によると、来年平昌で開催予定の第23回冬季五輪には、世界中から約5万人が訪れる見込み。第三次世界大戦とまではいかなくとも、平昌五輪が過度な行為なしに開催されると誰が保障できるだろうか?

      0 2253
    • 史上最長のFIFAワールドカップトロフィーツアーがスタート!
      アップデート: 2017年09月19日 19:00
      2017年09月19日 19:00

      史上最長のFIFAワールドカップトロフィーツアーがスタート!

      筆者 アナスタシア フェドトワ

      9月9日、モスクワで歴史的な出来事があった。FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップトロフィーが、初めてロシアに上陸したのだ。トロフィーはモスクワを皮切りに世界ツアーを開始し、この伝説的トロフィーを目にする機会が全大陸の数百万人もの人にもたらさせる。通信社スプートニクの記者が、FIFAワールドカップトロフィーツアー開始式典を取材した。

      0 80
    • 「海上合同作戦2017」
      アップデート: 2017年09月18日 22:03
      2017年09月18日 22:03

      露中、米国の脅威を背景に北朝鮮沖で合同軍事演習:水中戦を主に想定

      中国海軍の艦隊が、国際露中合同軍事演習「海上合同作戦2017」の第二段に参加するため、ウラジオストクに到着した。演習は、「ピョートル大帝湾」とオホーツク海の南部の間、日本から見れば北に位置した場所で行われる。演習の第一段は今年の7月にバルト海で行なわれていた。ロシアの軍事専門家ワシーリー・カーシン氏は、スプートニクに、この演習の特徴についてコメントした。

      0 1605
    • スプートニクQ&A 「日本の家庭でも簡単に作れるような美味しいロシア料理はないの?」
      アップデート: 2017年09月18日 19:21
      2017年09月18日 19:21

      スプートニクQ&A 「日本の家庭でも簡単に作れるような美味しいロシア料理はないの?」

      筆者 スプートニクQ&A

      スプートニクQ&Aのコーナーでは、読者の皆さまのご質問にお答えします。「日本の家庭でも簡単に作って食べられるようなフクースナな(おいしい)ロシア料理はありませんか?」という質問が読者のY.M. さんから届きました。 今回、スプートニクは魚のスープ「ウハー」の作り方、チョコレートソーセージの材料、ロシアで一番人気の飲み物などをご紹介します。これらはすべて、とても簡単にできるロシア料理です!

      0 394
    • 寄木細工
      アップデート: 2017年09月16日 06:12
      2017年09月16日 06:12

      日本の伝統工芸:ロシア人、箱根寄木細工のコースター作りに挑戦【写真】

      筆者 徳山 あすか

      9月8日から10日にかけ、国際交流基金モスクワ日本文化センターの主催で、日本の伝統工芸「箱根寄木細工」について学び、体験できるレクチャーとワークショップが行なわれた。講師には、若手の寄木細工職人グループ「雑木囃子」から石川裕貴さんが招かれた。石川さんは歴史ある寄木細工職人の家系の8代目だ。

      0 622
    • 北極圏で露日の研究者はどのような共同活動をしているのか
      アップデート: 2017年09月15日 22:46
      2017年09月15日 22:46

      北極圏で露日の研究者はどのような共同活動をしているのか

      筆者 リュドミラ サーキャン

      「北極圏でのロシアと日本の協力はこれからも続けられ、その枠組みは拡大される」。先週ウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムでこのような合意がなされた。

      2671
    • 柔道部
      アップデート: 2017年09月15日 00:15
      2017年09月15日 00:15

      ウラジオストクの大学で柔道部が発足!山下泰裕氏「柔道がより親しまれるよう努力」【写真】

      筆者 徳山 あすか

      東方経済フォーラム閉幕直後の今月8日、ウラジオストクのルースキー島にある極東連邦大学で柔道部が発足し、オープニングセレモニーが行なわれた。極東連邦大学のニキータ・アニシモフ学長と、東海大学の山田清志学長が柔道部の創設に関する協定にサインした。極東連邦大学の悲願だった柔道部は、東海大学のサポートによって実現した。

      0 866
    • 国連のアントニオ・グテーレス事務総長と潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長
      アップデート: 2017年09月14日 20:56
      2017年09月14日 20:56

      朝鮮半島の大惨事は回避できるか 国連事務総長は潘基文氏に期待

      筆者 タチヤナ フロニ

      国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、北朝鮮をめぐる危機を軍事的手段で解決すれば大惨事につながるとし、問題の解決に向けて「助力を申し出る」用意があると語った。また、当事国間の仲介にあたる用意があるとも表明し、北朝鮮問題の解決のため潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長に協力を求める意向を示し、以下のように強調した。

      1431
    • 世界地図
      アップデート: 2017年09月14日 20:36
      2017年09月14日 20:36

      新たな第一次世界大戦 2017年は1914年に似ている?

      数多くの紛争、グローバル化プロセスの減速、孤立主義、移民制限... 知識人や専門家からは、現在の状況が第一次世界大戦前の状況を彷彿させるという声がさらに頻繁に聞かれるようになっている。

      16051
    • 東方経済フォーラム2017総括:極東で存在感を見せ始めた、新しいタイプの日本企業ф
      アップデート: 2017年09月14日 07:34
      2017年09月14日 07:34

      東方経済フォーラム2017総括:極東で存在感を見せ始めた、新しいタイプの日本企業

      筆者 徳山 あすか

      ロシア極東のウラジオストクで、9月6日と7日の両日、第3回東方経済フォーラムが開催された。国のトップとしては日本の安倍首相のほか、韓国の文在寅大統領、モンゴルのハルトマー・バトトルガ大統領も参加した。

      東方経済フォーラム
      11194
    • 太陽フレア
      アップデート: 2017年09月13日 21:50
      2017年09月13日 21:50

      太陽フレアと磁気嵐 太陽活動は人を死に至らしめるのか

      筆者 タチヤナ フロニ

      4日、専門家らがここ10年で最も大規模なものと考えている一連の太陽フレアが発生し、現在まで続いている。多くの人々が、太陽フレアが原因で気分が悪くなったと感じ、一方メディアでは、太陽フレアが人々の健康だけでなく、様々な機器や宇宙分野、そして放射線からの安全に対しても脅威になっているとの報道が度々なされている。今回「スプートニク」は、太陽を恐れる必要はあるのか、また太陽フレアをどれくらい正確に予測できるのか、そしてその否定的影響に対処する方法があるのか、について調べることにした。

      0 6669
    • 行列のできる日本のラーメン4店、ウラジオストクで食べくらべ!ロシア人の反応は?【写真】
      アップデート: 2017年09月13日 18:35
      2017年09月13日 18:35

      行列のできる日本のラーメン4店、ウラジオストクで食べくらべ!ロシア人の反応は?【写真】

      筆者 徳山 あすか

      ロシア極東・ウラジオストクの中心街に、期間限定で日本のラーメン店がオープンした。農林水産省が場所を借り上げ、9月7日から10月29日まで、4店舗が交代で10日間ずつ出店する。

      0 1705
    • エフゲニア・メドベージェワ
      アップデート: 2017年09月12日 22:20
      2017年09月12日 22:20

      エフゲニア・メドベージェワ 「日本のファンをがっかりさせないように頑張ります!」【写真】

      筆者 タチヤナ フロニ

      フィギュアスケート女性シングルで世界女王に2度輝いたロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が、ソチでのロシア代表チームのテスト演技で、オリンピックシーズンの新プログラムを披露した。先にメドベージェワ選手は、冬季オリンピックに関する質問に答えるのを拒否していたが、通信社スプートニクの短い電話インタビューで、日本のファンにメッセージを贈った。

      0 2591
    • ユニクロアトリウム店
      アップデート: 2017年09月10日 21:50
      2017年09月10日 21:50

      ロシアの若者はユニクロから正しいファッションを学ぶ

      筆者 リュドミラ サーキャン

      ユニクロはロシアで日本を代表するブランドの一つとなりつつある。2010年4月、モスクワ中心部のロシアでもトップクラスのショッピングモール「アトリウム」 に、ユニクロのロシア1号店がオープンした。そして今年9月8日、4か月に及ぶ大規模な改装を終え、「ユニクロアトリウム店」は新たな装いで登場した。「アトリウム」 の2階にある店舗の面積はおよそ3000平方メートルと、約2倍に拡大された。

      14670
    • スプートニクの徳山さんと天間氏
      アップデート: 2017年09月10日 10:01
      2017年09月10日 10:01

      北海道総合商事、ごみ問題に悩むヤクーツク市に焼却炉をプレゼント

      筆者 徳山 あすか

      6日から開かれていたロシア・ウラジオストクにおける第3回東方経済フォーラムで、北海道総合商事の天間幸生社長がスプートニクの独占インタビューに答えた。会社設立からまだ2年にも満たないが、すでに同社のサポートを受けた道内の企業が、ロシアにめざましく展開している。

      東方経済フォーラム
      2877
    • チェホフ
      アップデート: 2017年09月09日 18:04
      2017年09月09日 18:04

      チェーホフ 日本にまでたどり着く

      筆者 リュドミラ サーキャン

      9月9日、北海道文学館で「《サハリン島》2017―アントン・チェーホフの遺産 」展がスタートする。1890年、当時すでに作家としての名声を得ていたチェーホフは、最果てのサハリン島までロシア全土を旅することを決意する。当時サハリンは強制労働の囚人らが送られる極地だった。1890年7月末から10月初めまでチェーホフはサハリン島を縦横に回る。サハリンでは文字通りすべてが彼を魅了した。気候から農業から地元の人々、そして少数民族の工芸、暮らし、風習、学校教育、監獄の収監条件から日本総領事館の仕事まで、チェーホフはあらゆることに興味を示している。サハリンへの旅行を終えた後、チェーホフは他の太平洋諸国へ、日本へと足を運びたいと気持ちにかられたが、ついにその願いを叶えることはならなかった。

      1616
    • モスクワの日本庭園
      アップデート: 2017年09月09日 06:58
      2017年09月09日 06:58

      モスクワの日本庭園、30周年おめでとう!作庭家に学ぶ美しい庭の条件とは?

      筆者 徳山 あすか

      8月30~31日、モスクワにある日本庭園が開園30周年を迎えたことを記念して、国際交流基金モスクワ日本文化センターとロシア科学アカデミー中央植物公園の共催により、シンポジウムと実践講座が行なわれた。

      0 1028