22:06 2021年01月16日
ルポルタージュ
  • 菅首相(アーカイブ写真)
    アップデート: 2021年01月16日 21:36
    2021年01月16日 21:36

    首相にはコロナ対策の権限がほとんどない では誰が責任を負うのか? 専門家が語る

    筆者 :

    新型コロナ対策において、日本人の多くは、菅義偉首相から、明確で分かりやすい指示が出されるのを期待している。しかし、日本国憲法では、首相はこうした問題に関してほとんど権限がないのが実情である。では、実際にこの問題を解決するのは一体誰なのか?首相の権限が強化される可能性はあるのか?より効果的なコロナ対策を実施するために菅首相は何ができるのか?竹中治堅・政策研究大学院大学教授がブリーフィング会見を開き、こうした問いに答えた。

  • 裁判所
    アップデート: 2021年01月05日 16:54
    2021年01月05日 16:54

    欧州は賛成、アジアは反対 現在、死刑が行われている国はどこか?

    筆者 :

    世界で死刑が執行されている国の数は減少し続けているものの、依然、数十の国々で死刑が行われている。これは主にアフリカ、中東、アジアの国々、そして米国である。なぜトランプ米大統領は死刑執行を急ぐのか、またどこの国でより頻繁に死刑が行われているのか、「スプートニク」がまとめた。

  • 働いている日本人と中国人(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年12月30日 18:02
    2020年12月30日 18:02

    日本の働き方と労働市場 2021年コロナ禍でどう変わるか 専門家が語る

    筆者 :

    新型コロナウイルスの感染拡大により、日本の企業は通常業務の大部分をリモートに切り替えざるを得なくなり、これまでの働き方を大きく変えることとなった。2021年の日本の働き方と労働市場はどのようなものになるのだろうか?(株)日本総合研究所の山田久副理事長と同研究所創発戦略センターのスペシャリスト、児島明子氏が記者団の質問に答えた。

    2020年の話題を総括
  • 鉄道
    アップデート: 2020年12月25日 22:55
    2020年12月25日 22:55

    シベリア鉄道活用で欧州への小口貨物輸送がより便利に:東洋トランス、年明けから新サービス開始

    筆者 :

    ロシア・CIS向け輸送に力を入れている東洋トランスは、来年1月半ばから、シベリア鉄道を活用した欧州向けLCL(混載)サービスを開始する。これにより、小口貨物をより早く、安定的にヨーロッパ各国へ輸送できるようになる。同社の高橋勲社長は「コンテナ単位では既に貨物の取扱いを進めているが、コロナ禍の影響で国際航空便が運休する中で、小口の貨物をより早く欧州に運ぶサービスが求められている」と話している。

  • アップデート: 2020年12月24日 22:15
    2020年12月24日 22:15

    観覧車でテレワーク、東京でのBLMデモ、日本の漁師がロシア人一家を救助した話・・・ 2020年に「スプートニク」がお伝えしたもっとも興味深い記事

    筆者 :

    2020年は世界中の人々の生活における、ほぼすべての物事を変えたが、マスコミもその例外ではない。ジャーナリストたちも、コロナ禍の新たなルールに従って仕事をしなければならなくなった。記者会見、インタビュー、ルポルタージュ、そのすべてがオンラインとなったが、もちろん、これらは対面での交流とは比べものにならないものであった。しかし、こうした危機に直面したことにより、新たな働き方が模索され、これまでにはなかった情報の捉え方が生まれた。

    2020年の話題を総括
  • スパコン「富岳」(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年12月19日 18:40
    2020年12月19日 18:40

    スパコン「富岳」がコロナ禍を救うか?その能力と限界は? 「富岳」の開発責任者が語った

    筆者 :

    世界中の研究者が新型コロナウイルス問題への答えを一瞬でも早く見つけようと努力している。このプロセスを最大限に加速するため、日本の研究者はスーパーコンピューター「富岳」に助けを求めている。「富岳」がウイルスとの闘いにどう役立つのか?「富岳」の類い稀なる能力とその限界とは?「富岳」の開発責任者である理化学研究所の計算科学研究センター長、松岡聡氏が外国メディアに語った。

  • クリスマス
    アップデート: 2020年12月19日 16:20
    2020年12月19日 16:20

    京都で開かれるニューイヤー仮面舞踏会は・・・宇宙服スタイルで!

    筆者 :

    ロシアカルチャーセンター京都が企画するニューイヤー仮面舞踏会「パレード・オブ・ザ・プラネッツ」が、12月21日にマリアージュ・グランデ(東九条西山王町31)で開催される。イベントには、大人も子どもも、日本人も外国人も誰でも参加することができる。しかし、新型コロナウイルス感染拡大で、さまざまな制限が設けられる中、参加人数は削減されることになった。また今回の仮面舞踏会で「宇宙」というテーマが選ばれたのも、コロナの影響によるものである。

  • 歴史的大ヒット映画「鬼滅の刃」
    アップデート: 2020年12月17日 12:46
    2020年12月17日 12:46

    歴史的大ヒット映画「鬼滅の刃」 強い自分を作るための人生の教科書なのか? 漫画に詳しい教育心理学者に話を聞く

    筆者 :

    10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 は記録を更新しつつある。12月7日時点のデータでは、公開からの52日間の興行収入は288億4,887万5,300円(観客動員 2152万5216人)となっている。これが歴代1位の「千と千尋の神隠し」(308億円)を抜くことができるのか期待が高まる中、漫画と心理学などを研究し、「鬼滅の刃」の漫画に詳しい大東文化大学の井島由佳助教にこの映画の成功の秘密についてお話を伺った。

  • ロシア初のラウンドワンがグランドオープン
    アップデート: 2020年12月16日 22:55
    2020年12月16日 22:55

    ラウンドワン、ロシアに初オープン!コロナ禍のストレス、スポーツの力で笑顔に変えたい

    筆者 :

    14日、ロシア一号店となるラウンドワンが、モスクワ中心部の商業施設「ユーロペイスキー」にグランドオープンし、開店記念イベントが行われた。ここでは日本のラウンドワン同様、天候に関係なくボウリングやアミューズメント、スポッチャが楽しめる。目玉は、日本やアメリカから取り寄せたゲーム機約200台。スポッチャのコーナーにはロシア初のバッティングマシンや、ロシアでは珍しいロデオやアーチェリーなどがあり、ロシア人に新しい余暇のスタイルを提案する。なぜ今、ロシアで開業したのか?ラウンドワン現地法人「Round One Rus」の代表取締役・中川淳氏に話を聞いた。

  • フィギュアスケート
    アップデート: 2020年12月13日 19:00
    2020年12月13日 19:00

    選手やファンがいるべき場所に医師と患者・・・ 新型コロナウイルスで欧州選手権のスタジアムが病院に

    筆者 :

    国際スケート連盟(ISU)は、開催が期待されていたフィギュアスケートの欧州選手権を中止すると発表した。今季、フィギュアスケートの主要な国際大会が中止されていることを考えれば、このニュースはきわめて残念なものである。

  • 「ソローキンの見た桜」劇場公開
    アップデート: 2020年12月12日 19:06
    2020年12月12日 19:06

    日露合作「ソローキンの見た桜」コロナ禍乗り越え、モスクワで劇場公開記念イベント開催

    筆者 :

    10日、モスクワの伝統ある映画館「オクチャーブリ」で、日露合作映画「ソローキンの見た桜」(井上雅貴監督、2019年)のロシアにおける劇場公開を記念したプレミア上映会が開かれた。この映画は、日露戦争時における愛媛県松山の捕虜収容所を舞台にした、ロシア人少尉と日本人女性との愛の物語で、日本では昨年に劇場公開されている。関係者は「長い道のりだったが、ロシア公開が実現して本当に良かった。この日を待ち望んでいた」と話した。

  • ジン
    アップデート: 2020年12月10日 13:22
    2020年12月10日 13:22

    変えたのは音楽だけではない なぜ、韓国はBTSのために兵役法を改正したのか?

    筆者 :

    12月1日、韓国国会は韓国ポップス界のスターたちの軍への入隊を延期することを可能にする兵役法改正案を可決した。これまで軍への入隊を延期できる特権は、有名俳優やスポーツ選手、クラシック音楽の演奏家だけに与えられていたが、外国における韓国のイメージを守るために、この対象者に大衆文化、芸術文化の優秀者を加えるとの決定を下した。この法の改正により、男性人気グループBTS(防弾少年団)も現在のメンバーのまま、あと2年は活動することが可能となる。BTSの権力が、いかにして音楽界を超えて強まっているのかについて、「スプートニク」が取材した。

  • 仕事
    アップデート: 2020年12月06日 21:20
    2020年12月06日 21:20

    ストレスの少ないおすすめの仕事:2020年にそのような仕事はまだあるのか?

    筆者 :

    このたび日本で、ストレスの少ないおすすめの仕事の一覧が発表された。1980年代半ばから、日本では自分の仕事に満足しているという人の数が減少するという傾向があるが、2020年にも、ストレスをほとんど感じないという仕事がまだある。しかし、そんな仕事は誰にでも適したものなのだろうか?「スプートニク」は、ある仕事の条件が、ある人には天国で、ある人には地獄なのか、心理学者に話を聞いた。

  • GPモスクワ大会の観客
    アップデート: 2020年12月06日 15:38
    2020年12月06日 15:38

    フィギュアスケートのロシアカップ第5戦 出場予定選手がコロナウイルスで欠場に

    筆者 :

    フィギュアスケートのロシアカップ第5戦(モスクワ)は残念なニュースでの開幕となった。欧州チャンピオンのアリョーナ・コストルナヤ選手と、グランプリシリーズのロステレコム杯で優勝を果たしたエリザベータ・トゥクタミシェワ選手が新型コロナウイルスに感染したことから、欠場が決まったのである。15歳のカミラ・ワリエワ選手にとっての最強のライバル選手がコロナウイルスにより大会に参加できなくなったことを受けて、このような感染拡大の状況下で競技会を実施すること自体が正しいことなのかどうか考えさせられることになった。

  • 結婚式
    アップデート: 2020年12月05日 13:19
    2020年12月05日 13:19

    前進VS伝統:日本社会の「選択的夫婦別姓」を求める闘い

    筆者 :

    日本は結婚する際に夫婦が同じ姓を名乗らなければならない世界でも数少ない国のひとつであり続けている。通常は夫の姓を名乗る。しかし、このルールには欠点が多く、自らの姓を諦めざるを得ない女性に苦難を強いているのが現状だ。そんな中、市民団体がいくつかの政党や社会の支持を得て「選択夫婦別姓」を求めて戦っている。このイニシアチブが実現する可能性はあるのか。女性が突然、自分の姓を名乗る必要を感じるようになったのは何故なのか。スプートニクがお伝えする。

  • SENDAIの外観。カウンター席は予約
    アップデート: 2020年12月04日 22:03
    2020年12月04日 22:03

    こんなところに霜降り和牛!?モスクワのフードコートに和牛専門店「SENDAI」登場

    筆者 :

    モスクワ中心部のショッピングモール「チシンカ」のフードコートに、本格和牛が楽しめるレストラン「SENDAI」がオープンし、話題を呼んでいる。これまでモスクワにおける霜降り和牛といえば、超高級レストランでごく限られた人のみが口にできる、敷居の高いものだった。「SENDAI」は牛丼からステーキまでメニューも多彩で、一品から注文できる。このような形態で和牛を提供するのは、ロシアはもちろん、ヨーロッパを含めても初の試みだ。

  • 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」(アーカイブ)
    アップデート: 2020年12月03日 14:02
    2020年12月03日 14:02

    小惑星「リュウグウ」のサンプルで地球生命の起源の謎が解ける? 次のミッションは小惑星から地球を守ることに繋がる? ミッションマネージャーが語る

    筆者 :

    日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が長年に及ぶミッションの最終段階を終了する。探査機は地球から3億キロ離れた場所にある小惑星リュウグウの砂や岩石のサンプルを地球に持ち帰る。待望のサンプルが入ったカプセルは12月6日にオーストラリアに送り届けられることになっている。この重要な出来事を前に、「はやぶさ2」プロジェクトチームの吉川真ミッションマネージャーが外国の記者団を前に、このサンプルがどのような秘密を明らかにしてくれるのか、また「はやぶさ2」の次のミッションはどのような特徴を持つものとなるのか、語った。

  • 吉川 桃加さん
    アップデート: 2020年11月30日 20:01
    2020年11月30日 20:01

    18歳の日本人女子総合格闘家: エメリヤーエンコが好きで、ロシア語を使う仕事が夢

    筆者 :

    吉川 桃加さん(18)は一風変わった運命の美しい女性だ。彼女のキャリアはまだ始まったばかりだが、すでに「可愛すぎる女子相撲選手」や「神童に憧れる女子格闘家」としてネット上で有名になっている。彼女は総合格闘家として成功するだけでなく、ロシア語を使った人生を思い描く。彼女が格闘技に関心を抱いたきっかけは何だったのか。憧れのヒョードル・エメリヤーエンコに生で会ったときはどんな気持ちだったのか。スプートニクが吉川さんに話を聞いた。

  • マトリョミンアンサンブル「ボル⑧」 
    アップデート: 2020年11月29日 19:45
    2020年11月29日 19:45

    マトリョミン・アンサンブル「ボル⑧」 マトリョーシカとテルミンを合わせた楽しさについて語る

    筆者 :

    11月15日、横浜人形の家の「チェブラーシカとロシアのかわいい人形たち」展でマトリョミンアンサンブル「ボル⑧(ボルハチ)」によるマトリョミン演奏会が開催された。スプートニクは「ボル⑧」のメンバーに、ロシアと日本の心の縁を象徴する可愛い楽器「マトリョミン」について話を聞いた。

  • 坂本花織選手
    アップデート: 2020年11月29日 17:13
    2020年11月29日 17:13

    女子フィギュアスケートGP モスクワと大阪で開催 世界的パンデミックでも露日選手の演技はますます白熱

    筆者 :

    日本のフィギュアスケートGP大阪は坂本花織選手が優勝を飾った。昨年、同選手は全日本選手権で3位内に入賞することができなかったが、すべてのカスケードをプログラム後半に集め、勝負をかけた。しかし今回、新しいシーズンの地元開催GPのスタートでは、2018年四大陸選手権の王者は再び素晴らしい状態であることを示した。

続きを見る